2015年12月31日

Vol.160「2015年を振り返って」

 2015年も残すところあと半日、皆さんにとって平成27年は良い年でしたでしょうか?
 
 私自身、今年1番の出来事はVol.155でご紹介した第33回日本臨床歯周病学会年次大会を無事に開催できたことでした。準備に約2年を費やして、2015年7月18,19日を迎えました。多少のトラブルはありましたが、参加された皆さんからはおおむね好評でしたので、今ではホッとしています。つい先日この年次大会の決算報告も終了し、本当の意味で年次大会が終了しました。来年の福岡での大会も楽しみです(^^)

また、6月には後輩の結婚式で2度目の仲人を経験しました。大変和やかな雰囲気の中、披露宴は進行しました。新郎側も新婦側も招待者が知っている顔ばかりでしたので、あまりあがらずに新郎新婦をご紹介できました。K先生、Sさん、おめでとうございました!

 つい先日、8年前まで勤めていた佐藤(旧姓:佐々木)が治療に来てくれました。そこで同時期に勤めていた高橋(大友)、松下(樋口)にも声を掛けて、サプライズで病院に集まってもらいました。3人とも一男一女のお母さんで頑張っています。
DSCN4452.JPGDSCN4455.JPG

今年も一年、皆様には大変お世話になりました。
スタッフはもちろんのこと、技工士の皆さん、ディーラーの皆さん、メーカーの皆さん、来年も地域医療のサポートをよろしくお願い致します。IMG_0217.JPG





posted by 副院長 at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | '15ニュースレター

2015年12月03日

Vol.159 「頼れる技工士」

 今年も師走がやってきました。暖冬の予想ではありますが、やはり寒いですね…。

 Vol.142 など、何度かご紹介していますが、私の所属している勉強会の一つに「月一会」があります。昨年設立30周年を迎えた、仙台では指折りの歯科業界におけるスタディーグループです。ここのところ技工士の参加も増えて、大変盛り上がっています。

 私自身、大学卒業後の5年間は、ほぼ毎日技工をしていましたので、技工は好きなほうです。また私の「豊」という名前は、私が生まれた当時父がお付き合いしていた技工士さんがつけてくれた名前だそうで、技工士には良い感情を持っています。

 Vol.85-3でも技工士の仕事についてご紹介いたしましたが、現在私がお付き合いしている技工士について触れてみたいと思います。私が仙台に戻ってきてすぐにお付き合いをし始めたのがYさん。気仙沼出身でとても精密な技工をしてくれます。技工物だけではなく、皆さんの前に出てくる模型作りから綺麗にすることを心がけています。
Yさんの技工
130524上・金子剛.jpg
(術前)
150114上・金子剛.jpg
(術後)


 次に入れ歯を専門に扱っているSさん。元々大学の同級生の歯科医院に勤めていましたが、今は独立して開業しています。入れ歯だけでなく、マウスピースについても私のこだわりの部分を忠実に再現してくれています。特に入れ歯のトラブルがあって、患者さんが病院に駆け込んできた場合、その場では治せない事があります。その場合は、一旦入れ歯をお預かりするのですが、Sさんはスケジュールをやりくりして患者さんのために修理をしてくれます。
Sさんの技工
150820下・阿部秀一.jpg
(入れ歯なし)
150820PD下・阿部秀一.jpg
(入れ歯なし)


 次にお付き合いを始めたのが、J技工所です。10人以上スタッフがいる大所帯ですが、社長のSさんは人脈も広く、仕事以外でも頼りがいがあります。常に時代をリードする技工所で、最先端の技術をおしみなく提供してくれます。
J技工所Sさんの技工
080529正・佐藤和章.jpg
(術前)
080926正・佐藤和章.jpg
(術後)


 ブログでも何度かご紹介しているシークエンシャル咬合は、独自のコンセプトがあるため、その理論を表現する技工物にも特有の形があります。このコンセプトに沿った技工に関しては、東京のA技工所にお願いしています。ダイナミックに良い方向へかみ合わせが変化するので、技工物の重要性を再認識させられます。
A技工所Iさんの技工
090509正・菅野英子.jpg
(術前)
110527正・菅野英子.jpg
(術後)

 次に勉強会でお付き合いしている技工士さんです。Kさんはまだ20代と若いのですが、入れ歯をメインに勉強し、積極的に活動されています。とてもポジティブでその姿勢は私も学ぶところが多々あり、良い刺激を受けています。とても楽しみな存在です。

 さらに最近知り合ったOさんも気になる存在です。私は大学卒業後は岩手医大の第1補綴科という入れ歯を扱う医局に残ったのですが、そこで受けた教育にとてもマッチするこだわりを持った方で、Oさんと技工の話をしていると、本当に楽しいのです。

 技工士さんは直接患者さんの前に出ないことが多いので、歯科の業界では裏方になることが多いですが、その知識と技術は大きな役割を果たしています。私達が良い技工士と組めば、患者さんの口に表現される技工物も一層その働きを増します。同時に、技工士は我々の模型を見ただけで、その実力を判断します。患者さんだけでなく、技工士にも認められる歯科医師になるべきだと思います。

追伸:先月はじめに父がお付き合いしていた技工士のAさんがお亡くなりになりました。長年当医院を支えていただきましたので、大変残念です。ご冥福をお祈りいたします。
posted by 副院長 at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | '15ニュースレター