2018年11月01日

Vol.188 「インプラントのために歯を抜くことが良いのか?」

 一気に冷え込んできましたね。皆さん体調はいかがでしょうか?

 最近では医療界においてセカンド・オピニオンが当たり前の時代になってきました。治療方法、治療期間、治療費などについて説明を受けたとき、もっと他の方法はないのか?やすい治療はないのか?など、昔と違ってネットなどで情報を簡単に集めることができるようになりましたので、いろいろな意見を聞きやすくなったのだとも思います。

 当医院にもそういった相談を受けることが多いのですが、治療費よりも、歯を抜くか抜かないかといった相談が多い傾向にあります。1本の歯についての相談は、前の先生の判断が妥当である場合が多いです。我々歯科医療従事者もできるだけ歯を残そうという気持ちが前面にありますので、不必要に抜くことはありません。
しかし、インプラントの側面に立つと少々事情が異なる場合があります。インプラントがうまく機能するためには、インプラントを受け入れる骨が必要です。しかし、歯周病が進行した場合や歯の根っこが折れている場合など、歯を抜く時期が遅くなればなるほど骨が吸収して、インプラントを支える骨がなくなってしまう危険性があるのです。そういった背景から「早く歯を抜かないと骨がなくなってしまいますよ」と患者さんに宣告する場合があるのです。

 その点において、歯周病学会の会員とインプラント学会の会員では全く異なる治療方針を立てることが少なくありません。ここで大切なことは「なぜその対象の歯を抜かなければならなくなったか?」という原因論です。もちろん歯周病の原因は細菌ですが、どうしてその歯が対象になったのか?という他の歯との比較が大切です。この問題を解決しないまま歯を抜いてインプラントを埋めたとしても、そのインプラントもだめになっていく可能性が高いわけです。その原因を明確にして対策を講じた上でインプラントが最良の治療法だと判断したときはじめてそのための治療方針を固めていけばいいのです。
 
 インプラントのあるグループの先生方は、「インプラントを予定している箇所が複数あって、その間に神経を抜いた歯があったら、症状がなくても抜いてしまって、インプラントで治したほうが良い」と言っているかたもいます。神経を抜いた歯は抜いていない歯に比べて寿命が短いことは事実ですが、症状も何もないのに抜いてしまう治療は本当に良いのでしょうか?

 つい先日来院された方も、「残っている歯をすべて抜いてインプラントで治療しましょう」というプランに疑問を持ち、相談にいらっしゃいました。少しずつその原因が解明されてきたので、焦らずに残っている歯をしっかりと残すことから治療を開始する予定です。医療の基本は「診断」です。抜かなければならない歯はなぜそうなったのか?抜かなければならないとして抜群のタイミングはいつのなのか?一つ一つが診断です。この入口さえ間違わなければ、必ず良いゴールにたどり着けます。
posted by 副院長 at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | '18ニュースレター