2006年07月27日

Vol.55 「スタディーグループ」

 梅雨明け間近です。ようやく夏らしい季節になりましたねー。 」

 SJCDという歯科の分野で日本最大のスタディーグループがあるのですが、去る7月22,23日、全国のメンバーが札幌に集まり、各地の先生方が自分の症例を発表し、著明な先生方にコメントをいただくというイベントがあり、私も参加・発表してきました。SJCDインターナショナル会長・山崎長朗先生、副会長の本多正明先生、他にも座長をされた先生方は、日本のトップクラスの先生方ばかりで、業界の人間が読む雑誌に我々の見本となるような症例を提示して、常に最先端の最高の治療を教示してくれています。

 その先生方の前で、各地の代表の先生方が発表したわけですが、各地の色が治療にもプレゼンテーションにも出ていて、とても刺激を受けて帰ってきました。緊張しながらもしっかりと発表されていた人、余裕綽々で笑いまで取っていた人、それぞれに十分な準備をして発表に臨まれていたようです。

 現在では個人情報保護法案が施行され、個人を特定できるような情報を他人に見せることが規制されてきましたが、我々医療人にとって、他の先生が行った治療を参考にすることはとても勉強になります。大学を卒業したときの知識と、それ以降に自分で経験した知識だけで治療に臨むのと、学会、講習会、勉強会に参加する、あるいは発表する、または業界の書籍を読むことを継続している人とでは、後に比べ物にならないほどの差が生まれると思います。

 僕の場合は勉強のためにというよりも、歯科臨床が面白いから、好きだからそういった環境に身をおいていると言ったほうが正しいかもしれません。同じような意志を持った仲間と会っているときは、本当に楽しい時間を過ごせますし、大いに刺激になります。

 皆さんは楽しんで学んでいますか?仕事をしていますか?ハイと即答できる方は何の心配もないですね♪そうでない人もきっと楽しさを見つけることができると思います。皆さんの明日からの勉強、仕事が充実しますように!
posted by 副院長 at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | '06 ニュースレター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1038123

この記事へのトラックバック