2014年10月08日

Vol,147「ミラノ」

10月5日はミラノに行ってきました。
ミラノ駅に降りると、いわゆる改札口がなく、拍子抜けした感じでしたが、駅の建物にもびっくりでした。DSCN3460.JPG

外から駅を眺めるとこんな感じです。DSCN3466.JPG

そこから地下鉄でドゥオーモ駅へ
前日、懇親会でヨーロッパの先生方に観光するにはどこが良いか聞いたところ、異口同音「大聖堂(ドィオーモ」を勧められました。
地下鉄の駅を降りて地上に出たら、この景色です!DSCN3477.JPG
建築に500年かかったそうです!500年後に通用する設計というのも素晴らしいことですね〜

DSCN3484.JPG
中へ入ると、重厚なパイプオルガンの音が響き、それだけでジーンときました。

食事の後、この大聖堂のてっぺんに歩いて上っていきました。ビル10階分くらいの高さでしたね。DSCN3527.JPG

さすがミラノは都会でした。街行く人はみんなおしゃれでしたね〜
ファッションについては僕のイメージとちょっと違っていました。
ボディバッグなど下げている男性は皆無だったこと、基本シャツイン!少なくとも長袖のシャツを外に出している男性はいませんでした。それらは日本独特のファッションなのでしょうかね…

それと、車についではいわゆる駐車場が少なく、特にトリノでは基本路上駐車でした。なので、縦列駐車が上手くないと、かなりつらいと思います。DSCN3167.JPG

学会のついでの観光でしたので、多くを見ることは出来ませんでしたが、多くの刺激を受けて帰って来ました。日本の歯科事情、特にかみ合わせについてはヨーロッパに比較しても先を行っているように感じました。もちろん学ぶべき点も多々ありました。単に良い刺激に終わらせず、日々の臨床に全力を注ぎたいと強く思いました。







posted by 副院長 at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | '14ニュースレター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104320944

この記事へのトラックバック