2015年10月12日

Vol.158「包括歯科医療研究会40周年記念講演会」

 10月11日(日)包括歯科医療研究会という勉強会の40周年記念講演会に参加してきました。昨年は仙台の勉強会「月一会」の30周年記念講演会をおこないましたが、「包歯研」さんは9年先輩になります。また昨年40周年を迎えた「てんとう虫」の皆様、今年で60年になる「火曜会」の皆様も多数参加されていましたが、それぞれに歴史があり、継続していることが本当に素晴らしいことだと思います。

DSCN4107.JPGDSCN4109.JPG
開会と同時にメンバー30名全員でご挨拶をいただきました。

各パートごとに4,5名の先生がリレー口演をする形でおこなわれました。

個人的に感銘を受けた演者の先生をご紹介します。

歯内療法で有名な阿部修先生
ご自分では非常に単純だといいながら、一つ一つの手技をしっかりとされており、臨床のヒントをいただきました。


移植・再植のパートでは梅津修先生
移植のメリッの一つに歯根膜が存在していることが挙げられますが、骨を垂直的にも水平的にも造成させていたことに、本当に驚きました。決してインプラントではなしえないことでしたので、一番衝撃を受けたプレゼンでした。


力のパートでは石田博也先生
僕も同様のケースがありますので、とても納得して聞いていました。

さらに熊谷真一先生
知名度の高い先生ですが、さすがの一言でした。
咀嚼の重要性を再認識させてくださいました。

さらに谷本幸司先生
患者さんが衛生士のケースにおいて、多々学ぶ点がありました。
TCHに関してもまとめてくださいました。

咬合のパートでは境健太郎先生
一つ一つの手技にいたる診断、綺麗な臨床、咬合平面の決定にさまざまな角度から考察していた点に感銘を受けました。

欠損歯列の診断のパートでは鈴木尚先生
診断が大事であることは多くの方が唱えていますが、その「診断」について治療方針が同じなら病名診断は不要では?と大胆な意見。しかしその裏には患者個人を診ることがはるかに大事であり、医療人としての心構えを再認識させていただいた気がします。

さらに横山大樹先生
インプラントと矯正を用いたフルマウス。単に治療先行ではなく十分な診査の後の治療計画でした。

とりは牧宏佳先生
病態は続いている、既往歴が大切であることを協調していました。
臼歯のvertical supportがなければ必ず前歯がやられてしまうというドグマがあると思いますが、患者さんによっては前歯がしっかりしている人もいる。だからこそ過去を見ることが大事であり、そこには時間軸の要素が必須であると説いていました。


30名のプレゼンを通して、患者さんと真剣に向き合っていること、問診を非常に大切にしていること、そして原因を常に推測していることを感じ取りました。

歯科の世界ではさまざまな学ぶ方法があります。勉強会もその一つですが、全国にこのような仲間がいることにとても喜びを感じます!これからも学会や勉強会を通して、多くのことを学び、患者さんに表現し、後輩達に伝えていきたいと痛感した一日でした。

包歯研の皆様、ありがとうございました。そしてお疲れ様でした。



追伸:会場の東京医科歯科大学の校内にセブンイレブンとスタバがあるんですよ!すごいですね〜

2015-10-11 17.18.20.jpg



posted by 副院長 at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | '15ニュースレター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/165529465

この記事へのトラックバック