2017年01月25日

Vol.172 「ミュンヘンを歩いて」

 2017年1月19日から22日まで、学会参加のためドイツのミュンヘンに行ってきました。ドイツは北海道と緯度が同じということで、寒さには十分気をつけるべきだったのですが、何とかなるだろうとインナー2枚、アウター1枚(しかも普通のコート)という状態で4日間1月のミュンヘンを過ごしました。雪が少なかったので良かったのですがさすがに寒かった!

 ミュンヘンは人口が130万人ということで、100万都市の仙台より規模が大きいと聞いていたのですが、朝8時の駅前を見てびっくり。平日なのに人がまばらで閑散としていました。
DSCN4781.JPG

 路面電車が走っていたのは風情がありましたね〜DSCN4890.JPG

 駅に行ってみると(トリノもそうだったのですが)いわゆる改札が無く、誰でもそのままホームに入ることができます。長距離は車掌さんが列車内で切符を確認に来るシステムのようです。

DSCN4875.JPG

DSCN4876.JPG

 学会の初日は朝9時から午後6時までのスケジュールでしたが、懇親会がスタートする午後8時まで2時間の間があったので、茅ヶ崎でOrgan Dental Labを開業されている、日本でも指折りの技工士・長谷川さんに街中を案内してもらいました。長谷川さんはシークエンシャルのコンセプトを学ぶため、何度もドイツに来られていてドイツ語もバリバリなんです。尊敬です!

 そんな長谷川さんに連れてきてもらったのがマリエン広場と新市庁舎。この建造物の周りがショッピング街なっていました。

DSCN4838.JPG

DSCN4839.JPG

IMG_0485.JPG

 この後ホテルに戻り懇親会に参加したのですが、ヨーロッパの先生方が中心になり、あちらこちらで臨床の話で盛り上がっていました。英語の壁があり大人しくしていたのですが、ヨーロッパの方々はどんどん話しかけてくるので、相槌を打って必死にトークしてきました(笑)

 学会初日はホテルから学会場まではタクシーで移動していたのですが、2日目は早起きして時間があったので、歩きでどのくらいかかるか調べてみたら、1時間と少しといったところだったので、町並みを見たいと思いスマホを頼りに歩いて学会場へ向かいました。

 さすがドイツ、歴史を感じるような銅像、建物が多かったですね〜

DSCN4844.JPG

DSCN4846.JPG

 2日目、学会が終わり水滸会の吉見先生、篠宮先生に同席して、ベルリンのミュラー先生、ポルトガルのマルゴシア先生と夕食を食べに行きました。お店はミュラー先生の推薦のお店でしたが、本場のドイツ料理を頂きました。

DSCN4880.JPG

 中でも美味しかったのは豚です。表面を揚げているのですが、皮は食べず中だけ食べてと教えてもらいました。一人分が写真の大きさなので結構お腹いっぱいになりました(^^)

DSCN4885.JPG

 次の日は丸一日オフだったのですが、あまりにも寒いので近場を観光するだけにしました。

 さすがドイツはベンツとBNWが多かったですね〜。充電式の電気自動車も見かけました。

DSCN4893.JPG

 こちらは金曜日の夜長谷川さんと歩いたショッピング通りですが、人、人でごった返しだったはずの通りなのに、朝の9時ではこの通り。ドイツは日曜日お店もしっかり休むそうで、ショッピングができなかったのです…事前に聞いてはいたのですが、さすがに少しはやっているだろうと甘く見ていました…

DSCN4897.JPG

 そして朝に見る新市庁舎。昼間はまた違った顔をしていますね〜

DSCN4898.JPG

 こちらはミュンヘン・レジデンツ。旧国王の王宮だそうです。

DSCN4905.JPG

 中には数々の調度品がありました。贅沢の限りでしたね〜

 続いてはホーフガーデン。街中にこれだけの広場があるなんて日本では考えられない広さです。

DSCN4969.JPG

DSCN4975.JPG

 昼食後、ドイツ博物館へ向かいました。

DSCN4982.JPG

DSCN4989.JPG

 中は子供から大人まで楽しめる様々な分野の展示品がありました。

DSCN4992.JPG

DSCN5012.JPG

 22日ミュンヘンを発つのが朝の便だったので、5時過ぎにはホテルを出て列車で空港へ向かったのですが、S1という線は最後に空港に向かうものとそうでないものがあって、空港に行かない列車に乗ったことに後から気づいたのです…。乗り換えのホームに下りたところ、あまりの寒さと人気の無さにマジ寂しくなりましたね〜。親切なドイツ人が声を掛けてくれて、「次に来る列車は途中で分かれて空港に行かないものもあるから、Aという場所にいなさい」と言って、ホームの入り口にまで一緒に来てくれました。次の電車が来るまで10分以上あるから、ここで暖かいコーヒーを飲むといいよとお店まで教えてくれました。ありがとうございました!

DSCN5028.JPG


 ミュンヘンからフランクフルト経由で羽田に戻る予定でしたが、ミュンヘンで機内に乗り込んでから45分くらい待機させれられたため、フランクフルト空港でお土産を買う計画がオジャン。お土産無しでの帰国となりました。できるならあったかい時期に行きたかったミュンヘンでした(^^)
posted by 副院長 at 19:27| Comment(2) | TrackBack(0) | '16 ニュースレター
この記事へのコメント
杉山先生すごいですね。ドイツ語ペラペラなんですね。
Posted by かま吉 at 2017年01月27日 14:49
いえいえ全然です。

こちらから発したのは、Danke schÖn くらいですから…
Posted by 福院長 at 2017年01月31日 13:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178544995

この記事へのトラックバック