2008年10月29日

Vol.82「人生生涯小僧のこころ」

 皆さんはこの時期恒例の芋煮会には行かれましたか?僕も先日行ってきましたよ♪素晴らしい秋晴れの日で最高でした(^^)

 さて、横浜で歯科医院を開業している吉野先生からある本を送っていただきました。(吉野先生は今年の2月に不定期日記でも登場していただいたスーパーデンティストです)

http://sugiyama-dental.sblo.jp/article/11411634.html

 吉野先生の親友で、仙台の秋保は慈眼寺の住職・塩沼亮潤さんが書かれた「人生生涯小僧のこころ」という本です。もともと本を読むことが好きだったこともありますが、歯科医師としても人間としても尊敬している吉野先生からいただいたこと、また、塩沼さんと年齢が近く、仙台出身であったことから、大変興味深く読みました。

人生生涯小僧のこころ.jpg

 塩沼さんの生い立ちは決して恵まれた環境ではありませんでしたが、大峯百日峰行、 大峯千日峰行、四無業という厳しい修業の中からでこそ知りえた悟りを、とても丁寧な言葉で書き綴っています。

「人間は雨を降らすことも、そよ風を吹かすこともできない。ただできることは、人を思いやること。人を思いやることによって人に感動を与え、勇気を与えることができる。人間は母なる大地に抱かれしことを忘れてはいけない」

「現実を受け入れ愚痴らず精いっぱい生きること、そこに道が開けてくる」

「山で修業した人だけしか悟れないというものではない。それぞれの生活の中で、それぞれに与えられた役目を果たしていく中で、心を研ぎ澄ませ、目を凝らし、耳を澄ませたとき、いろいろなことが悟れる」

「心を込めて生きるから心が変わり、心を込めて語るから相手の心に伝わり、心を込めて行うからみんなが感動してくださる」


 特に印象に残った言葉を紹介しましたが、とても心に沁みわたりました…

 今までにもたくさんのビジネス書を読んでいますが、またまた素晴らしい書籍に出会った気がします。私たちは生きていく上でいろいろなことに遭遇しますが、困難にぶつかったとき、くじけそうになったとき、塩沼さんの書かれたこの本を読むことで、自分のあるべき姿を見つめ直すことができると思いました。悟りとまでは言いませんが、本当に大事なことというのは、そういった境地に立たされてこそ、深く理解できるものなのだと思います。吉野先生、塩沼様、そして縁を作ってくださった真嶋様、ありがとうございますm(_ _)m 
posted by 副院長 at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | '08 ニュースレター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22079877

この記事へのトラックバック