2007年01月21日

“愛”

 昨日久しぶりに訪れた患者Oさんの話をご紹介します。Oさんは現役時代医療関係のお仕事をされていた方で、とても精力的なイメージの明るい男性です。インプラント治療もされていたので、私自身定期健診にいらっしゃらなくなったことを気にしていたのですが、顔をあわせると、大変申し訳なさそうにご挨拶をしてくださいました。顔もずいぶん細くなり、お聞きしたところ、10kg以上痩せたとのことでした。
 
 お話を伺うと、しばらく来院できなかったのは奥様がご病気をされていたからなんだそうです。病気が発覚したとき、奥様を入院させるか在宅で看護するかを迷ったそうですが、ご自宅で看病することを選択したそうです。3人の娘さんはそれぞれ嫁いだのですが、あまり遠くに離れていないので、みんなで交代で看護することができているそうです。ただ、ほぼ一日中看護しているので、大好きなゴルフやお酒を1年3ヶ月絶っているとおっしゃっていました。お酒をやめて痩せることができたようです。でもゴルフに関しては良く練習をされていたことを聞いていたので、辛かったのではないかと思います。

 それで、お話を聞いた後、「そうでしたか…大変ですね」と声をかけると、僕の顔を見て「世界一の妻ですから!」と即答されたんです。僕はその話を聞いた瞬間涙が出そうになりました。もう少し話を伺うと、「往診に来てくださる先生も、していただいている治療も、ケアに来てくださるスタッフの方も最高なんです。」だから良い結果を出せていると…

 ご家族が重い病に倒れて、看病に疲れているでしょうし、大変な思いをされていることは容易に想像がつくのですが、愚痴のようなことは一言ももらさず、奥様を愛し、3人の娘さんをたたえ、医療スタッフに感謝している、このAさんが人間としても本当に素晴らしい、徳の高い方だと実感しました。

 TVや新聞では、物騒な事件を取り扱うことも少なくなく、やりきれない気持ちになることがしばしばあると思います。そんな中、歯の治療を通じて“人間愛”に触れることができ、Oさんに触れ合うことができてとても感謝しています。こんないい話を皆さんにも伝えたくてご紹介しました。僕も世界一の両親、兄弟、妻、娘、スタッフ、友人、仲間そして患者さんたちと出会えて幸せです。

01598.jpg
posted by 副院長 at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | '07不定期日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3138972

この記事へのトラックバック