2009年12月08日

Vol.95 「新潟の名医逝く」

 平成21年も残すところ1か月を切りましたね…皆さんにとって良い1年でしたでしょうか?

 先月26日、新潟の原田歯科医院の原田富一先生が61歳の若さでお亡くなりになりました。原田先生は歯周病の治療を中心とした、レベルの高い診療をされていて、新潟を中心にリーダー的な活躍をされていた先生です。原田先生とはインプラントの勉強会で知り合いになり、たくさんのご指導をいただきました。スタッフを連れて何度か新潟の病院へ見学に行ったこともありました。当医院で現在も行っている院内勉強会は、原田式をお手本に行っています。

 原田先生には数年前仙台歯科医師会の学術講演会でも御登壇いただきましたし、3年前の日本顎咬合学会東北支部会の特別講演も引き受けていただいたので、仙台でも原田先生をご存知の方は多いと思います。

DSCF1116.JPG

そんな経緯があったので、6日の日曜日、ともにお世話になった柏崎先生と新潟へお線香をあげに行ってまいりました。闘病生活は約5カ月だったそうですが、亡くなる間際まで病院のこと、患者さんのことばかり気にしていたと奥様からお聞きしました。6月からは足が動かず、車いすの生活をしていたのですが、入院中も手を動かして、歯の治療をイメージしていたそうです。

 病院は新しい先生がそのまま存続してくれることになったそうなので一安心ですが、すべてが今まで通りにはいかないと思います。でも、原田先生の治療の跡は患者さんの口の中と心の中に刻み込まれていると思います。

 Vol.31で紹介しましたが、
http://sugiyama-dental.sblo.jp/article/445120.html
人の意識はものにも影響を与えます。皆さんの歯に詰め物一つする時にも、心をこめて「これからこの方のために頑張って働いていね」という気持ちで治療をしたいと改めて思いました。

原田先生のご冥福を心からお祈りいたします。
posted by 副院長 at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | '09ニュースレター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34077014

この記事へのトラックバック