2010年03月18日

Vol.98「南清和先生を招いて」

 先週はこの冬一番の大雪でしたね…今週は風も強くなり、春が花粉も連れてきているようです。 

 3月13,14日は大阪の南清和先生をお招きして、幅広いお話をいただきました。南先生は日本顎咬合学会の重鎮で、若い時から高い臨床レベルを示してくださっていました。治療が素晴らしいだけではなく、どんな人に対しても同じ目線で温かく接してくれるので、どこへ行っても南先生は人気者です。

http://www.minami-dental.com/

 特に14日は仙台の勉強会「月一会」と「仙台歯科医師会の学術委員会」との勉強会にも出席してくださり、多くの学びを与えてくれました。

CIMG0249.JPG

話しの内容は経営から自己啓発まで多岐にわたりましたが、多くの経験談を織り交ぜての話だったので、参加者は皆引き込まれるように聞きいっていました。私自身も自己啓発ものの本を読むのが好きなので、うなずきながら聞けた部分もありましたが、南先生の人を引き付ける話術は人としての懐の深さが表れているのだと思います。その中でも心に残ったお話を2,3紹介します。

 「成功の反対」とは何でしょう?「失敗」は成功への気づきであり「成功」の反対ではないのです。「成功」の反対は「無行動」だそうです。何もせずにいるのではなく、「成功」を求めて行動しましょうということですね。

 もうひとつ「幸せを得る人」とは「他人を喜ばせたい人」、「幸せを得ることができない人」は「自分を喜ばせたい人」だそうです。南先生は常に「他人を喜ばせている」人です。だから「幸せ」なんですね〜

 講演の最後に菱田先生という熱血先生の「折れない心」というDVDを見せていただきました。講演内容とは直接関係なかったのですが、ジーンとくる内容でした。プロの格闘家でもある菱田先生が、教え子でもある一人の生徒に自分の生きざまを見せようと、自分より若くて強い相手にキックボクシングで試合を挑んだのですが、サンドバックのように打たれまくり、KO寸前のところで、逆転の右フック!そのままKO勝ちをしたのです。教え子はその姿に感動し、更生して社会に巣立っていったというお話でした。決してあきらめず、前を向いて頑張ろうって思えましたね〜。南先生、ありがとうございますm(_ _)m

CIMG0267.JPG
posted by 副院長 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | '10ニュースレター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36503155

この記事へのトラックバック