2007年04月10日

Vol.64 「出会いと別れ」

 新年度が始まりましたね。仙台は例年より早く桜が咲き始め、春本番です。皆さんも新しい生活に胸を躍らせている頃だと思います。 

 先月のニュースレターでも触れましたが、衛生士の樋口が4月6日で退職しました。寿退社なので、おめでたいことですが、東京に行っても衛生士を続けたいと聞き、ちょっと嬉しい気持ちになりました。

 樋口は4年間勤めた後の退職ですが、現在のスタッフになる前の4人はそれぞれ30年、17年、10年、8年と勤めましたので、樋口も長いほうではないかもしれません。ですが、多くの患者さんに慕われていたことが改めてわかりました。彼女の出勤最終日に数人の患者さんから餞別をいただいていましたから…。とてもブラッシングの上手い笑顔の素敵な船木さん、80歳を過ぎても28本の健全な歯をお持ちの阿部さん、当医院のスタッフの憧れの的、これまた笑顔の素敵な菊地さん、そして現在当医院の衛生士を指導してくださっている新潟の川崎さん、本当にありがとうございました。樋口も心から喜んでいました。

 4月6日には新しく仲間になった工藤の歓迎もこめて、『笑家』にて歓送迎会を行いました。チーフ衛生士の瀬戸が音頭を取って、樋口に記念の色紙を渡すなど、とても楽しい時間を過ごせました。

新年度は元旦同様、新たな気分にさせてくれる良い時期だと思っています。皆様にとっても平成19年度がすばらしい1年になりますようお祈り申し上げます。

.
posted by 副院長 at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | '07 ニュースレター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3708797

この記事へのトラックバック