2007年05月18日

Vol.65 「念願の東北支部設立です」

 主砲山崎選手に引張られて、楽天が良い感じですね!この調子で上位3チームに食い込んで欲しいものです。

 さて、平成19年5月12日(土)エクセル東急ホテルにて、日本臨床歯周病学会東北支部の総会が行われ、師匠である江澤先生が初代支部長に就任しました。また、直後に行われた発足記念パーティーには全国の仲間が東北支部の設立を祝い駆けつけてくれました。その中でも準備委員でもある柏崎先生のプレゼンテーションは喝采を浴び、会場は大いに盛り上がりました。

sendai05.JPG

歯周治療の大切さを教えてくださった江澤先生、長谷川先生と共に

 後片付け後、小さな打ち上げをしましたが、敬愛する長野の谷口先生も同席してくださり、思わぬ嬉しいひと時を過ごすことが出来ました。

CIMG9672.JPG

谷口先生、カリスマ衛生士の人見さん、マップの作成で大活躍の守先生

 翌13日(日)には発足記念講演会が行われ、理事長である船越栄次先生、東北大学教授の島内英俊先生、東京のコースでもお世話になった若林勝夫先生にご講演いただき、盛会裏に終えることが出来ました。

 思い起こせば昨年の3月に本部から依頼を受けて、6月から準備委員会を開催し、この両日を迎えることができたので、全てが終わったときにはこみ上げてくるものがありました。

P5160300.JPG

今回大変お世話になった東北プリントの大槻さんを交えて

 僕自身、歯科臨床の基本は歯周治療にあると考えています。現在花形のインプラント治療、審美治療も適切な歯周治療の上に成り立つものですから、必須の分野であるわけです。その意味で、机上の空論ではなく、臨床の現場で治療を行う臨床家が集う日本臨床歯周病学会はとても重要な使命があると思います。来月には名古屋で年次大会がありますので、他支部から参加してくださった先生方への御礼かたがた、真剣に学んでこようと思っています。
posted by 副院長 at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | '07 ニュースレター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4033667

この記事へのトラックバック