2010年09月06日

Vol.102「宝田恭子先生をお招きして」

 暑い日が続きますね…しばらく振りのニュースレターです。

 さて、昨日はTVでも有名な宝田恭子先生を仙台にお招きして、宮城県歯科医学大会でご講演いただきました。会場は若い女性を中心に、多くの方にお集まりいただき、主催者側としてはホッと胸をなでおろしています。

 宝田先生は東京歯科医院を開業されていますが、とても54歳には見えないほど若々しい魅力的な女性です。その秘訣はやはり「スマイル」です。皆さんもご存じの通り宝田先生はスマイルのエクササイズを実践し、それを普及させています。講演内容はそれを歯科関係者に話してほしいというオーダーでお願いしたわけです。

 もちろん、講演ではそのエクササイズの詳細をご説明いただきましたが、私自身は宝田先生の生きざまにメッチャ感動いたしました。同居されているお義母様が顔面麻痺となり、二人三脚で治してきたこと、自身がある化学物質で大変なアレルギー反応を起こしたので、その治療に中国まで通われたこと、クモ膜下出血で半身麻痺になった患者さんの、壮絶な闘病生活ののちほぼ完治したまでのストーリー、週に4時間の喫茶店でのお仕事のエピソードなどなど…思わず話しに引き込まれました。特にお義母様のお話は普通なら愚痴ってしまい、不仲になっても仕方のない状態で、決してあきらめずに治療を支えてきたことなど、そのバイタリティーを目の当たりにして、背筋がピンとなるほどの衝撃を受けました。 

 Vol.98でご紹介した大阪の南先生ご推薦の「折れない心」を思い出し、やる気満々にさせてもらえました。

http://sugiyama-dental.sblo.jp/article/36503155.html

 各論としては「筋肉」に働きかけることが大切だと言うことで、とても納得のできる内容でした。老化とは「筋肉が衰えること」とも言われています。ですから、その筋肉を鍛え直すことで、顔の若さはもちろんのこと、老化のスピードを鈍らせること、病気に打ち勝つことも可能になると言うことです。

 また、歯科という狭い範囲にとらわれず、幅広い人間関係の中で、砂漠が水を吸収するがごとくに知識を広げている様を見せていただき、目の前が広がったように思えます。宝田先生、ありがとうございました。


20100905094503.jpg

宝田先生のフルスマイルに比べ、私のスマイルは歯を見せることもできていません…1年後には最高のスマイルができるようエクササイズに励みます(^^)
posted by 副院長 at 07:53| Comment(7) | TrackBack(0) | '10ニュースレター
この記事へのコメント
私も以前TVで拝見しました!
美人な先生が口の中に指を突っ込んでエクササイズしているのを見て、衝撃を受けました。
とても素敵な笑顔の写真ですね☆
Posted by ピノ子 at 2010年09月08日 16:35
先生、なんか、にやけていますね。
Posted by いのちゃん at 2010年09月09日 19:04
今度は、わたしとのツーショットも載せてくださいね!
Posted by ケメ子 at 2010年09月14日 17:11
オーラルメソッド読みましたよ。
ほんとに口の中に指を突っ込むのですね。顔のいろいろな筋肉も凄いですね。勉強になりました。
Posted by かま吉 at 2010年09月20日 12:56
皆さん、コメントありがとうございます。

宝田先生は人間的にも素晴らしい方でした。楽しいから笑顔になるだけではなく、笑顔でいるから楽しくなるのかもしれませんね…
Posted by at 2010年10月08日 14:40
宝田先生、NHKテレビに出ていましたね。杉山先生もめざせ! メジャーデヴュー!
Posted by かま吉 at 2010年10月14日 23:11
かま吉さん

僕はいいのです…
楽しく歯科診療ができれば…

かま吉さん、また会いましょうね〜
Posted by 副院長 at 2010年10月15日 18:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40559387

この記事へのトラックバック