2010年10月14日

Vol.103「2010年日顎東北支部会

 10月になり秋らしくなってきましたね。


 さて、去る10月2日、3日に仙台で日本顎咬合学会東北支部会が開催され、2日土曜日の歯科衛生士部門において、瀬戸、工藤とわたしで特別講演を行いました。瀬戸は「重度歯周疾患患者さんへのアプローチ」、工藤は「歯科衛生士からの情報発信〜その具体例〜」私が「わたしにも みえた!わかった! 歯科疾患」のタイトルでそれぞれお話しをしました。

DSC00043.JPG
(講演前のひと時)



 当日は100名を超す参加者が集まってくださったので3人とも緊張しましたが、皆さんにお話しすべきことはきちんとお伝えできたように思います。

 当医院では月に1回院内勉強会を行っており、その一コマをご紹介した感じなので、私は2人の衛生士の発表がうまくいく確信がありました。ですが、いつもは気心の知れたスタッフが聞いているだけですが、今回はほとんどが知らないメンバー、その上歯科医師も数名参加しており、彼女たちもそれなりのプレッシャーがあったようです。

 僕の発表が少々時間オーバーしましたが、瀬戸も工藤も堂々とした話しぶりで、終わった後の評価も高く、ホッと胸をなでおろしています。

IMG_1996.JPG

IMG_2002.JPG

 4時間20分の講演時間はあっという間に終わり、そのまま懇親会へと移動しましたが、終わった安ど感と冷めやらぬ緊張が入り混じったままのお酒でしたが、毎年北海道から駆けつけてくれる、札幌でご開業の中村順三先生にねぎらいの声をかけてもらい、お酒を酌み交わし、とても晴れやかな気持ちになりました。中村先生は今週の月曜日にはFAXを送ってくださりと、本当に優しい声を傾けてくださいます。2人の衛生士ともどもしっかりと返信させていただきました。

 学会はその準備が本当に大変で、実行委員長の守先生をはじめ、スタッフ一同一丸となって当日を迎えました。実行委員の皆さん、発表者の皆さん、ご参加いただいた皆さん、展示事業者の皆さん、本当にお世話になりました。そしてお疲れさまでした。この良い雰囲気で歯科界が盛り上がれば良いと思っています。
posted by 副院長 at 17:28| Comment(2) | TrackBack(0) | '10ニュースレター
この記事へのコメント
杉山先生、ブログ更新してくださいよ〜
もう冬ですよ〜
Posted by かま吉 at 2010年12月10日 17:25
かま吉さん

レスありがとうございます。
やっと更新しました(汗)
Posted by 福院長 at 2010年12月22日 17:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41292391

この記事へのトラックバック