2002年12月27日

Vol.12 「インフォームド・コンセント」

 忘年会もほとんどこなされた時期ではないかと思いますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか? 今年の1月からスタートしたこのニュースレターも、今月でちょうど1年を迎えます。皆さんがどのような感想をお持ちになっていらっしゃるかもあまり知らないのですが、そのとき思いついたこと、気になっていることを書き綴っています。

 インフォームド・コンセントという言葉を耳にしたことがある方も少なくないと思いますが、これは「説明を受けた上での同意」という意味です。すなわち我々医療従事者が治療の目的や方法、予想される効果などを説明した上で、患者さんが同意して治療が始まることを示します。最近は大分定着してきているようですが、このインフォームド・コンセントがうまくいかないままに治療が進んでしまうと、後にトラブルとなることが多いようです。「痛くもない歯を削られた」「知らないうちに金属のかぶせ物を付けられた」などと、以前に通っていた歯科医院に対する不満を訴える患者さんは少なくありません。当医院ではきちんと説明をしているつもりではありますが、患者さんにうまく伝わっていないこともあるかもしれません。皆さんからもわからないこと、もう少し詳しく聞きたいことなどありましたら、遠慮なく我々にお聞きになってください。

 今年もいろいろな患者さんが来院されました。1歳ですでに6本も虫歯を作ってしまった女の子、70歳をすぎてもとても綺麗なお口の中の方、歯槽膿漏で指でも抜くことが出来るような歯のまま来院された方、噛みしめ癖が強く、次から次へと歯を折ってくる方、原因も症状も皆さんまちまちですが、必ず主な原因に対するアプローチは必要だと思います。時には厳しいことも指摘するかもしれませんが、皆さんのための言葉とご理解いただきたいと思います。平成15年が皆さんにとって良い年でありますように!

posted by 副院長 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | '02 ニュースレター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/443453

この記事へのトラックバック