2002年03月04日

Vol.2 「食生活は大切」

 ソルトレイクシティー・オリンピックも終わり、代わりにテレビ、新聞では「宗男」の字が見られない日はありません。日本にとっては大問題ではありますが、どこか「ミッチーVSサッチー」のような感覚を受けるのは私だけでしょうか?

 さて、先日当医院に来院された20歳前の女性の口の中には驚かされました。ガングロ、茶髪、ピアスと今どきのギャルでしたが、口の中はひどい虫歯があり、すべての歯ぐきが真っ赤に腫れあがり、特有の口臭がしました。外見と口の中のあまりのギャップに、スタッフも唖然としていました。しかも神経を抜いて痛みがなくなったら、きちんとした歯を入れることもなく、もう通院されなくなってしまいました。次回詳しくお話を聞くつもりでしたが、明らかに食生活の乱れが原因だと思われます。 
      
 食生活はどんな人にも共通する「生きる」ための最も大切な行為です。今の日本の若い人たちはファーストフードやコンビニで食事を済ませる人が少なくありません。また、若い人ばかりではなく、一人暮らしの方、忙しい方など、一人分の食事を作るより外食のほうが手軽であり、悪いとは知りながら習慣化している方が多いのではないでしょうか?私たちは毎日いろいろな方の口の中を拝見しているので、年齢的に見てほかの方との違いが如実な方には、何か特別な理由があるだろうと考えてしまいます。

 ただ虫歯を治す、歯石を取るだけでなく、食生活などのアドバイスが必要な方には是非聞いていただきたいお話があります。そういったお話を「患者さん向け勉強会」でじっくりお話いたしますので、興味のある方はぜひご参加ください。
posted by 副院長 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | '02 ニュースレター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/444733

この記事へのトラックバック