2003年08月27日

Vol.19 「適度の運動は健康の秘訣」

 8月も後半に入り、ようやく夏らしい日が続きますが、いかがお過ごしですか?

 われわれ仙台歯科医師会の会員は、日曜日、祝日の昼間と土曜日、日曜日の夜に休日・夜間診療を行っています。ほとんどの病院が診療を休む時間に、急患対策として、五橋の仙台福祉プラザの12階にある障害者歯科の施設を利用して、会員が交代で診療をするわけです。お盆の最後の日曜日の夜、私が担当であったので、夜間診療に行ってきました。

 その日いらっしゃった患者さんの中に、20歳の女性で顎がずれてしまったという患者さんがいました。事故により足の骨を折ったこともあり、車椅子で来院されました。顎が外れたという患者さんには遭遇したこともあり、治し方も知っているので、すぐにかみ合わせを治しました。しかし、すぐに変なかみ合わせに戻ってしまうのです。じっくりと診査すると、右側だけ異常に筋肉が固くなって緊張していました。もともとやせているうえに、車椅子の生活によって、筋肉を使わなくなり、いつも片側だけに寄りかかるような生活に、筋肉が耐え切れず、痙攣したものと思われます。

 夜間診療を行う仙台福祉プラザには筋肉をリラックスさせる機械がなかったので、歯科医師である父に電話を入れて、その患者さんを当医院に言っていただき、その患者さんを治療することになりました。治療の甲斐もあって、かみ合わせは普段のかみ合わせに戻ったようです。

 最近自分自身も疲れやすくなったと感じることが少なくないのですが、明らかに運動不足です。我々人間は、身体を動かすことでエネルギーを消費しますが、それと同時に基礎代謝も上がり、筋力もアップするわけです。機械と違って筋肉はある程度使うことで細胞も活性化されていきます。逆に使わなければどんどん衰退する一方です。若い方であっても平等に起こることです。口の中においても良くかんで食べることにつながります。ダイエットの一つに「よくかんで食べること」という一文も含まれていますよね。(そういいながら私は食べるのが早いんですよねー)若さを保つためにもどんどん身体を動かしましょう。
posted by 副院長 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | '03 ニュースレター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/445029

この記事へのトラックバック