2003年12月15日

Vol.22 「良く聞くことは大切」

 早いもので、今年も後残すところ半月となりましたが、皆さんいかがお過ごしですか?年末の仕事や忘年会で身体を休める暇もない方もいらっしゃるのではないかと思います。

 10月、11月は学会や講習会に多く参加しました。他の業界のことはあまり分からないのですが、歯科の業界はわりと多く行なわれている気がします。今回はその講演会の中から直接歯科治療とは関係のないお話をご紹介いたします。私自身は初めてでしたが、10月に臨床心理士の先生のお話を聞く機会がありました。家庭内に登校拒否やいじめで悩んでいる子供がいるとして、そういった場合どこへ相談しに行けばいいか、私はあまり存じませんでした。いろいろなルートがあることが分かったのですが、さらに興味深かったのは、その臨床心理士の先生いわく、そういった場合、その問題の当人ではなく、回りの家族がちょっと変わるだけで自然と良くなることが少なくないというのです。もちろんそれは専門のカウンセリングの中で行なわれることではありますが、それに具体例を交えてお話いただいたので、なるほどとうなずけました。

 最近はそうでもないかもしれませんが、日本人の場合、あまり家庭の話を言いたがらないことが多いと思いますが、専門の人に相談することは積極的に行なうことだと思います。講演終了後にその先生を交えて懇親会を行いましたが、その先生はとても聞き上手なのです。いつのまにか周りの人がいろいろと話をしていくのです。もちろん僕もその一人で、いつもより雄弁でした。  

 歯科の治療は予約制ですが、予約以外の患者さんが重なってきた時など、予約の患者さんを待たせてしまうこともしばしばで、患者さんの話をきちんと聞き出せないこともあると思います。いつも患者さんの声を真剣に聞くよう改めて心がけようと思いました。
posted by 副院長 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | '03 ニュースレター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/445071

この記事へのトラックバック