2005年12月12日

Vol.46 「メインテナンスしてますか?」

 一昨日は仙台も雪が降りました。秋保での忘年会に参加してきましたが、昨日の朝あたり一面銀世界でとても綺麗でした。

 昨日は日本歯科医師会主催の生涯研修セミナーに参加してきました。今年のテーマは「メインテナンス」です。メインテナンスというのは治療の終わった患者さんが、そのまま良い常態を保っていることを確かめるためにおこなう定期健診です。この定期健診を行っている患者さんと行っていない患者さんでは、10年後に抜歯した歯が3倍も違うというデーターがあるそうです。当医院でも定期健診をはじめて10年ほどになりますが、定期健診にいらっしゃっている患者さんにはあまり大きな問題が起こっていないことは実感しています。

 先日1年半ぶり訪れた患者さんのお話です。この患者さんはそれまできちんと定期健診に訪れていましたが、体調を崩し、入院していたというのです。これでは歯医者に定期健診に来ることができないのも当然でした。しかし、案の定数本の虫歯ができていました。原因は“アメ”だったのです。とても綺麗な歯をしている方なので、私もその虫歯を見てとても残念に思いました。また、現在も糖尿病で体調を崩されしばらくお会いしていない患者さんがいらっしゃいます。その方の治療は平成7年に一度終了し、3,4年は定期健診に訪れていましたが、糖尿病で入院していた期間、歯医者に来ることができなかったわけです。しばらくぶりに来院されたときには、下の前歯が歯周病でぐらぐらになっていました。一時がんばって通院していたのですが、現在は通院できるような体調ではないことをご主人からお聞きしました。

 歯医者に定期的に通っていれば100%大丈夫というわけではありませんが、問題が小さな芽のうちに摘み取ることができます。また、必要なアドバイスがあればそれを行うこともできます。アメリカでは大人は年に2回、子供は年3回の定期健診を行うことは、いまや常識だそうです。歯科医療も削って詰める時代から、削らなくてすむように早期から予防をすることが叫ばれてきています。皆さんもお口の健康を維持するための定期健診を考えてみてください。
posted by 副院長 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | '05 ニュースレター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/447751

この記事へのトラックバック