2006年03月10日

外傷で子供の歯が抜けてしまったら…

 昨日は仙台に東京医科歯科大学小児歯科学教室の宮新先生をお招きして、「小児口腔外傷への対応ー応急処置、治療と経過」というタイトルでご講演いただきました。宮新先生は小児の外傷に関して、日本の第一人者だそうです。大変ためになる話をしていただきましたが、是非皆さんにご紹介したいことをお知らせいたします。

 小さなお子さんが転んだり何かにぶつかって、前歯が抜けてしまうことがあります。そのようなときにどうすればよいかご存知でしょうか?学校の先生方は良くご存知のことではあるのですが、抜けてしまった歯をすぐに牛乳に浸して、そのまま歯科医院に行っていただけば、元通りになる確立が高いのです。特に患者さん若ければ若いほど、また受傷してからの時間が短ければ短いほど成功率は高くなります。

 しかし、歯が折れてそのかけらをお持ちいただくときには、牛乳には浸さず、そのかけらを持ってそのまま歯医者に行ってくださいね。
posted by 副院長 at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | '06不定期日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/447849

この記事へのトラックバック