2007年10月11日

いつもお笑顔で(^^)

 去る10月7日、日本臨床歯周病学会東北支部会が開催されました。江澤支部長を中心に5月に発足した東北支部ですが、今回は第1回の支部例会ということで、東北支部の理事の先生方の協力で、無事終了することができました。
 
 その記念すべき第1回の例会における特別講演は、僕が歯周治療のイロハを教わった、若林健史先生にお願いいたしました。若林先生は現在日本臨床歯周病学会関東支部の支部長をされており、僕も受講したペリオコースのインストラクターの一人でもあります。

http://www.micro-t.jp/seminar/002.html

http://www.wakabayashi-shika.com/

 若林先生は豊富な知識とそれに裏付けされた緻密な臨床をされているだけではなく、学会やスタディーグループのリーダー的な存在なのです。しかも、決して奢らず、いつもにこやかな笑顔を絶やしません。若林先生と一緒にいると、誰もがほっと安心して笑顔を返せるようになると思います。

 もちろんそれはスタッフや患者さんに対しても同じであり、オフィス全体が和やかな空気に包まれていたことを思い出します。以前このブログで千葉県我孫子市でご開業の千葉英史先生をご紹介しましたが、お二人ともとてもソフトで紳士的な方です。しかもダンディー!!我々男性でもあこがれるような、そして理想の歯科医師像なのです。

 もう一人、福島県で開業されている高野清史先生にもご講演いただきました。高野先生は本年6月に名古屋で行われた年次大会ポスター部門で優秀賞に輝きました。レベルの高い臨床をされており、とても情熱的な先生です。

http://www.takanodental.jp/

 東北支部は今年立ち上がったばかりですが、気の会う仲間ばかりですので、これからが楽しみです♪

 DSC_0036.jpg

左から高野先生、若林先生、江澤先生
posted by 副院長 at 13:53| Comment(1) | TrackBack(0) | '07不定期日記
この記事へのコメント
歯科医はダンディ揃いって事でしたか〜♪
マスクで覆われているので、ノーマークでしたが・・・(笑)
「眼力」は診療に対する自信と、前向きな姿勢の表れって事ですね!

Posted by tora.m at 2007年10月14日 13:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5821017

この記事へのトラックバック