2007年11月12日

日本顎咬合学会東北支部会&咬合フォーラム

 11月10,11日の二日間、日本顎咬合学会東北支部学術大会、ならびに東北では初となる咬合フォーラムが開催されました。

 東北支部会は柏崎先生を中心に、東北の一致団結によるアットホームでかつ活気のある学術大会が行われました。月一会のメンバーも、清水先生、佐藤奨先生、糠沢先生、佐藤勝史先生と元気のあるところを存分に発揮してくれました。

 当医院のスタッフも受付などの手伝いをしてくれ、また、テーブルクリニックにも参加し、有意義な一日を送ったようです。

CIMG1734.JPG

旭ヶ丘ジュン歯科の小室さん、今回発表した庄子さん、佐藤歯研の佐藤さんとスタッフ


 11日の咬合フォーラムでは、各分野のスペシャリスト・井上孝先生、本多正明先生、阿部二郎先生、河津寛先生による「咬合採得を科学する」というテーマでの講演をいただき、大変盛会裏に終えることができました。特に最後のディスカッションでは、大変お世話になっている桃野秀樹先生に座長をお任せし、各先生方の本音を聞くとができ、大変良い勉強ができました。

 今回の2日間のために、東北のメンバーは2月から準備をはじめ、無事終了することができました。佐藤支部長をはじめとする実行委員の皆さん、本当にお疲れ様、そしてありがとうございました。
posted by 副院長 at 04:15| Comment(2) | TrackBack(0) | '07不定期日記
この記事へのコメント
お休みにも関わらず、スタッフの方々のボランティアでこの笑顔!
副院長先生の努力はモチロンですが、杉山歯科医院のパワーはスタッフ相互のシナジー効果だったのですね♪
Posted by tora.m at 2007年11月12日 13:43
 土曜日は80名ほどの懇親会でしたが、うちのテーブルが一番やかましかったです…

 大勢での懇親会でしたが、他の医院のスタッフとも交流が持て、とてもよい機会だったと思います。

PS:壊れたときの写真は載せれません…
Posted by 副院長 at 2007年11月12日 13:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6692845

この記事へのトラックバック