2006年06月14日

日本顎咬合学会に参加して

 去る6月10,11日に日本顎咬合学会に参加してきました。仙台の「月一会」というスタディーグループの一員として、大会のお手伝い、発表、夜の懇親会とあわただしい2日間を過ごしました。

 月一会は菅崎直身先生が会長を務める20年以上の歴史のある勉強会で、臨床とお酒の好きなメンバーで構成されています。今回も月一会から、熊谷正浩先生、斉藤善広先生とスタッフ、佐藤勝史先生、柏崎潤先生、守篤彦先生、平河内禎彦先生、糠沢真壱先生、佐藤奨先生、清水俊克先生、杉山が発表してきました。

CIMG7075.JPG

テーブルクリニックで力説する柏崎先生

 この学会は開業医が多く、現在会員が6,000名を超える大きな学会で、全国にあるスタディーグループが多く集結しています。回を重ねるごとに他の地区の先生方との交流も深まり、自分を高めるのにとてもよい場でもあります。

CIMG7009.JPG

お酒好きな仲間たち

CIMG7008.JPG

敬愛する鈴木尚先生とツーショット
尚先生は懇親会でもネクタイを緩めません。流石紳士!

 保険改正などで日々の臨床に不満を持ちながら診療をされている歯科医師も多いのが現状ですが、学会に参加しているとそんな不安など吹き飛びます。全国に散らばっている優秀な歯科医師、衛生士、技工士と触れ合い、たくさんのエネルギーをもらえますから!
posted by 副院長 at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | '06不定期日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/841969

この記事へのトラックバック