2007年12月24日

Vol.72 「オーロラに魅せられて」

 今日はクリスマス・イブです。いつもの12月のように、街はあわただしい感じがしますが、確実に平成20年の足音が聞こえてきますね。

 12月20日Sさん、Kさんにお誘いを受けて、中垣哲也さんの「オーロラに包まれて 〜この地球上でもっとも崇高で感動的な夜空〜」デジタルスライド & トークショーに行ってきました。せんだいメディアテーク7Fスタジオシアターで行われたのですが、100名以上の参加者があり、とても盛会でした。

 中垣さんは札幌在住のオーロラ写真の第一人者で、空いっぱいに広がる光のショー、ゆれる色彩のヴェールなど、アラスカの自然やオーロラの最新映像をご用意いただきました。2007年3月末に札医大放射線技師の職を辞してプロ写真家として独立、現在は全国各地でスライドショーを開催しているそうです。

http://www.aurora-dance.com/

(中垣さんのHPです)

とても温かみのある話し振りで、前半は「オーロラとは?」といった説明で始まり、美しい写真の数々を披露いただきました。中盤からは幻想的な写真を美しい音楽に乗せて、我々を異次元空間に誘い出してくれました。
中垣さんは主にアラスカでオーロラを撮影しているそうですが、撮影期間はずっと一人…一人だからこそ自然と一体になれるそうです。僕自身もこのショーに参加している間、時間を忘れてただただオーロラの美しさに目を奪われましたが、ふと我に返ると、なんて自分は時間に追われて、自然から離れた生活をしているのかと気付かされたのでした。

 現在、会場のメディアテークの目の前には仙台が誇る素晴らしい光のページェントが拡がっています。仙台の街に住む人たちの“仙台を愛する気持ち”が込められている暖かい光の結晶だと思うのですが、自然の美しさを忘れていた気がします。

 世の中の情報も、他人との会話も何もない、ただ自然の中にいる自分を感じた思いを優しい口調で語りかけてくれた中垣さん、そしてその中垣さんの思いをたくさん我々に語りかけてくれた写真にもありがとうと言いたいですね。

 皆さんも年が明けたら、あわただしいリズムから解放されて、自然に触れ合いながら、内なる自分と向き合って会話してみてはいかがでしょう?

image111.jpg

PS:Kさんにいただいた本をご紹介します。以前Yさんにも教わったのですが、五日市剛さんの本です。やはりkey wordは…

CIMG2203 (2).JPG

posted by 副院長 at 10:00| Comment(4) | TrackBack(0) | '07 ニュースレター
この記事へのコメント
オーロラは知っているけど、何も知らない。
素敵なネタをありがとうございます!
ちょーっと、ハマりそうです♪
Posted by tora.m at 2007年12月24日 12:49
上映会のご参加ありがとうございました。
会場のご相談にあたって、大変お世話になりました。
当日に、ごあいさつと思っておりましたが、お忙しかったとのこと・・・。Sさんよりこちらのブログのご案内ありました。早速、拝見したところ、オーロラ上映会のことが書いてあり、うれしい限り。当初ご周知の通り模索から始った次第でしたが、結果皆様からの反響に喜びをかみしめております。次回上映がほぼ決まっております。次回は是非、中垣先生にお会いしていただければと思います。

まずは、お礼まで。
ブログにて、主催者Kという失礼をお許しくださいませ。
良いお年をお迎えくださいませ。
Posted by オーロラ上映会主催者K at 2007年12月29日 21:34
自然の生み出す美しいオーロラ!一度実際に見て体験してみたいものの一つです。
偉大なる自然に感謝しつつ、地球に住む一員として自然を大切にする気持を忘れずに過ごしたいですね。改めて思う気付きのブログに感謝致します!
Posted by ふたつの天使ママ at 2007年12月30日 14:56
K様、ご丁寧にありがとうございます(^^)
また、ふたつの天使ママさんもありがとうございます(^^)

2007年も今日で最後です。
来年は自分が自然の一部であることを意識して、自然体でいきたいと思います。

皆様、来年もよろしくお願い致します!
Posted by at 2007年12月31日 15:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/8734962

この記事へのトラックバック