2014年05月19日

Vol.140「暗闇の世界」

 今年の楽天イーグルスはどうも調子が上がらないですね…頑張ってほしいです。
 
 さて、先日「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」に参加してきました。お聞きになったことが無い方も多いですよね?そこは暗闇の世界です。一切の光がない空間です。真っ暗闇の世界を白い杖と、インストラクターさんと、そして一緒に参加するほかのメンバーの声や息使いで進んでいくのです。

1.JPG

 そもそもこの「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」は知人からの又聞きで知ったのですが、視覚以外の五感を研ぎ澄ませるために参加してる人がいるという話を聞いて、一度体験したいと思っていたのです。スタッフの方の親切な案内から始まって、トータルで90分ほどの体験が出来ます。興味のある方には失礼になりますので詳細はご紹介しませんが、とても神聖な気持ちになりました。  

 共に参加した娘以外のメンバーはその日その場所で始めてお会いしたい人ばかりでしたが、暗闇の世界では、全員が一つのチームとなりました。靴を介して伝わってくる地面の起伏、白い杖から感じる地面の傾斜、外界の音が一切遮断された静寂な空間、交感神経がバリバリに働きそうな気がするのですが、インストラクターの方の優しい声や静寂さは同時に落ち着く要素もありました。

 実はそのインストラクターの方は視覚障害者でした。その方は24時間暗闇の世界で生活しているのです。その方に暗闇の世界を案内していただいたのです。

 今回の体験で聴覚や触覚、嗅覚の重要性を再認識できましたが、同時に視覚障害者をはじめとして、我々健常者がもっと介入すべきことが多々あるように思えました。そう、周りの人の眼など気にせず、ためになる親切を進んでしようって感じですね〜。

 歯科治療を通しては、普段から心がけているつもりですが、指先や器具を通しても、患者さんが“安心感”を感じられるようにスタッフと共に頑張っているつもりです。
皆さんも是非暗闇の世界を体験してみてください(^^)

http://www.dialoginthedark.com/did/
posted by 副院長 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | '14ニュースレター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/97014645

この記事へのトラックバック