2008年01月19日

Vol.73 「差し歯が取れた!!」

 2008年最初のニュースレターです。今年の冬は雪が少ないですね…

 今月になってから、当医院に「転んで歯が折れてしまった」という患者さんが二人来ました。一人は外で、一人は家の中で転んでしまったそうです。お二人とも3,4本の歯を折ってしまい、なんとも気の毒な話です。

 もう7,8年前になるでしょうか?仙台福祉プラザで夜間診療を行った時のことです。20歳の女性が妹さんの付き添いで来院されたのですが、慌てている妹さんに対して、患者さんであるお姉さんはシャンとしているのです。というのも、妹さんの話では「家に帰ってきた姉の前歯が無いんです。酔って転んで前歯をぶつけたようです」ということでした。当の本人はお酒のせいなのか、痛みもなく慌てた様子もありませんでした。治療としてはぐらぐらになってしまった前歯を固定しましたが、20歳の女性が翌朝起きて正気に戻ったとき、どんな気持ちになるかというと、やるせない気持ちになります。

 さて、毎年のことですが、12月30日に仙台福祉プラザに行って、休日診療をしてきました。ほかに4名の先生と6名の衛生士、受付事務5名体制で90名の患者さんを診察しましたが、僕の担当になった方は、「差し歯が取れた」という方が非常に多かったのです。
 転んで「歯が折れた」というのは、いわゆる「外傷」であり、一般的に「差し歯が取れた」ということで来院されたケースは「脱離」の病名が付きます。脱離の場合、状態がよければ、もう一度強めの接着剤で歯を接着することができますが、適合が悪かったり、歯に虫歯があれば、もう一度削りなおしをして、差し歯を作り直す必要がある場合もあります。

 ただ、差し歯が取れる原因に、かみ合わせの力が大きく働いていることが多く、差し歯が取れたことは、その力の警告である場合が少なくないようです。現在具体的にその調査をしているので、結果がわかりましたら報告したいと思います。

 外傷でも脱離でも、歯が取れるのは悲しいことですよね。今年も皆さんの歯が元気でありますように!
posted by 副院長 at 16:19| Comment(4) | TrackBack(0) | '08 ニュースレター
この記事へのコメント
年末ギリギリまで、かなりご多忙だったのですね。そして、年始も引き続き・・・
今年も先生は熱くて・パワフル!ですね?
Posted by tora.m at 2008年01月19日 22:02
やっと始まりましたね。副医院長の部屋。今年もグルメリポート楽しみにしています。「杉さんガイド」東京版も作ってくださいよ!
Posted by かま吉 at 2008年01月22日 15:49
年末はビックリしたわ。こちらは、休日診療の時はどちらの先生が担当しているなんてわからないものですからね。これからはスッピンで受診するのはやめます。失礼しましたぁ〜
Posted by 綾子 at 2008年01月24日 16:54
皆さん、ありがとうございます。

さて、年末の休日診療に偶然小、中学校の同級生に会ったのです。現在東京で仕事をされているのですが、年末帰省した際、休日診療にいらっしゃったのですから、凄い偶然でした(私が担当したのは12月30日だけですから)でも、元気そうで何よりでした。

さて、東京のグルメガイドは友人の喜多ゴリに任せます(^^)

西新宿の野村ビル前の「音音」はオススメですよ〜
Posted by 副院長改め院長 at 2008年01月25日 14:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/9743681

この記事へのトラックバック