2008年12月25日

Vol.84「師匠と呼べる人」

 皆さんは昨日のクリスマス・イブをどのように過ごされたでしょうか?我が家はクリハラというイタ飯屋さんに行ってきました。

http://osteria-kurihara.com/

 あるスタッフは今朝の4時までワインを飲んでいたというのですから、かなりのつわものですよね〜
 
 さて、皆さんには師匠と呼べる人がいらっしゃいますか?僕は歯科医師ですので、歯科医師、あるいは歯科衛生士、歯科技工士にも師匠と呼べる人がいます。大学卒業直後は田中久敏先生という義歯の大家の先生が師匠でしたが、実際には医局の先輩がたくさん教えてくれましたので、先輩方が師匠でもあるわけです。

 仙台に戻ってからは、父はもちろんのこと、多くの素晴らしい歯科医師と出会いましたので、本当にありがたいことだと思っております。すべての方を紹介したら、このスペースには書ききれないほどの先生に出会いましたが、現在の自分にとっての師匠は、東京の町田で開業している吉見英広先生です。吉見先生は神奈川歯科大学の佐藤貞雄先生を師事し、口の中を総合的に診査・診断し、的確な治療をされている、まさに理想の先生であります。

http://www.yoshimishika.com/index.html

 先日は仙台の柏崎先生と一緒に吉見先生のオフィスにお邪魔して、たくさんのことを教わりましたが、その後の宴席でも、1から10まで歯科臨床の話で盛り上がっていました。3人とも根っから歯科の世界が好きなんですね…
 
 よく歯科は「診断よりも、治療が先行することが多い」と言われています。ですから自分は必ず原因の追及をし、的確な診断を下し、それに対する最良の治療法を選択するよう心がけているのですが、吉見先生はそのはるか前を歩んでいます。

 1本の歯の虫歯、限局して現れる歯周病など、なぜそこに起こるのか?どうしてそこから発言したのか?それは、単純な歯ブラシの問題ではない場合がほとんです。自分としてはかなり煮詰めたと思っていたのですが、吉見先生の診査・診断は理にかなっているだけではなく、発想が違うのです。多くのことを学び、オフィスに通ってくださっている患者さんに還元したいと思っております。

 皆さんにとっても良い師匠がいるといいですよね!2009年が皆さんにとって素晴らしい年になりますよう、心からお祈りいたします。
posted by 副院長 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | '08不定期日記

2008年11月25日

Vol.83 「論理的思考」

 紅葉真っ盛りですね♪日本は四季折々の景色を見ることができて、とても素敵ですよね。落ち葉の掃除もこの季節の喜びととらえて、楽しんでやっています(^^) 

 さて、皆さんはこの連休をどのように過ごしましたでしょうか?私は昨年同様、ヨクナール・ミーティングに参加してきました。長野の谷口先生、東京の押見先生、札幌の池田先生を中心に、本当の歯科臨床とはどのようにあるべきかという本質を学ぶ勉強会です。

 私も発表してきましたが、手厳しい、いや愛のあるアドバイスをいただけたので、発表した甲斐がありました。特に敬愛する谷口先生には、科学の方法論についてその方向はどうあるべきかというコメントをいただきましたが、とても奥深い言葉であったと思います。

 また、とても参考になったのは、池田先生のオフィスに勤める菅原先生の発表でした。とても頭の切れる先生ですが、目の前の問題を解決するために、仮説を立てて実験をする、その結果から得られる考察をさらに証明する実験をする、まさに大学で行うような実験を、臨床の現場で行っているのです。私自身、「論理的思考」に注目しているときなので、菅原先生の発表はまさにタイムリーでした。

 皆さんの周りでも、いろいろな噂が飛び交っていませんでしょうか?信頼のある方からの言葉だと、ついそれが真実だと思ってしまっていないでしょうか?また、TVや新聞の報道は必ず真実でしょうか?疑うことから始めるべきだと言っているわけではありません。ただ、僕自身法則を見つけようとし過ぎていたかもしれません。特に臨床の現場では必ず例外という存在があります。結局は一人一人の患者さんに合った治療法を選択することが必要で、型にはめようとする臨床が正しいとは限らないということです。
 そういった意味でも今回の谷口先生、池田先生、菅原先生の言葉や発表は、自分に新たな課題を与えてくれたと感謝しています。皆さんも自分の周りで言われていることを、今一度検証しながら生きていくことをしてみてはいかがでしょう?新たな発見が生まれるでしょうし、毎日が楽しく感じられるようになれると思います。

 勉強ばかりかと思うかもしれませんが、ヨクミでは夜のリクレーションも充実しています。青山で開業している鈴木光雄先生には素敵なお店に連れて行っていただき、メンバー全員大変満足な夜を過ごすことができました。

CIMG4627.JPG

 初めて表参道ヒルズにも行って来ました。

CIMG4628.JPG

 このお店「bistys」はワインを量り売りしてくれるお店で、リーズナブルなものから高級ワインまで、たくさんの味を楽しむことができ、みんな十分にワインを堪能しました。

http://www.bistys.jp/

 次に恵比寿にある中華料理のお店「LOHOTOI」に行きました。ここは池田先生のご紹介でしたが、大満足でした(^^)

CIMG4632.JPG

目標としている鈴木先生、横浜のカリスマ衛生士・南條さん、富山の若手のホープ・山崎先生

CIMG4639.JPG

ヨクミに誘ってくれた池田先生、苫小牧のスーパーデンティスト・三上先生


posted by 副院長 at 09:48| Comment(3) | TrackBack(0) | '08不定期日記

2008年11月22日

大友が新聞に…

 今月の20日、フランスのボジョレ・ヌーボーが解禁になり午前零時に一斉に販売が開始されたようです。

 当医院の大友は毎年ジャスコ仙台幸町店に買いに行っているのですが、そこに楽天の山崎選手が来ていたようで、山崎選手の写メが送られてきたんです。

 そうしたら、20日の河北新報の夕刊に大友が載っていたんです!

河北夕刊.jpg

 オレンジ色の帽子をかぶっているのが大友です(^^)

 20日の夜はおいしいワインとチーズフォンデュで楽しい夜を過ごしたそうです。
posted by 副院長 at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | '08不定期日記

2008年11月12日

親知らずの変身!

 昨日、スタッフの工藤の右下の親知らずを抜きました。以前からはえきれないでいたので、抜こう!と言っていたのですが、怖いから〜と逃げていたのです。
 
 ですが、先週からその親知らずの部分の歯ぐきが痛くなり、ついに抜歯を決心!昨日抜歯は無事に終了しました。そして、自分の歯だからと、抜いたその歯を持って帰ったのです。

 一応夜に「大丈夫かぁ〜?」ってメールをしたのですが、返ってきたメールに写メが添付されていました

081111_222516.jpg

sexy!大根だって!

自分の抜いた歯を見ているうちに、何かに似てるなぁと思って、ちょっと遊び心でやってみたそうです。

写メを見た我が家は全員で満点大笑いでした(^^)
posted by 副院長 at 17:36| Comment(2) | TrackBack(0) | '08不定期日記

2008年10月16日

もう、不満は言わない

久々に「キタ〜!」って感じの本に巡り合いました。

Will Bowenさんの書いた、「もう、不満は言わない」という本です。

もう不満は言わない.jpg

そう、内容は何があっても不平、不満を言わない生活を送りましょう。そうすれば望んでいた通りの人生を送ることができるというのです。

僕にとって多大な影響を与えてくれた、元内科医の塩谷信男先生が書かれた「自在力」の中には、次の3点が大事であると書かれています。

1.プラス思考であること
2.感謝の気持ちを忘れないこと
3.愚痴を言わないこと

「自在力」を読んだのは、10年ほど前になるでしょうか?プラス思考と感謝の気持ちを忘れないということは、意外とすんなり出来ましたが、愚痴を言わないこと…これは難しいです。

愚痴を言わないことと不満を言わないこととは、同じような意味でとらえていいことだと思います。

「もう、不満は言わない」では、紫のブレスレットを使って、自分をコントロールする方法を紹介しています。自分が不満を言ったことに気づいたとき、そのブレスレットを左手から右手へ付け替えるのです。また不満を言えば、右手から左手に…。不満を言わずに、すなわちブレスレットをつけている手を替えることなく21日間過ごすことができれば成功だそうです。

僕も昨日から身につけていますが、昨日は2度ブレスレットをはめ変えました↓↓

「もう、不満はいわない」はチョ〜オススメの本です(^^)ぜひ皆さんもご一読を!
posted by 副院長 at 10:42| Comment(2) | TrackBack(0) | '08不定期日記

2008年10月08日

“愛 その2”

 昨日の朝、久々にOさんから電話がありました。

 「先生、これからは自分の歯の治療に専念できることになりました。」とおっしゃるのです。Oさんは奥さまの介護をされていたので、なかなか定期的に通院することが難しかったのです。

 「最後は私の腕の中で、静かに息を引き取りました。娘たちもよく診てくれたと思います。49日が済んだので、先生にもご報告しようと電話をしました。」

 このOさんは、本当に素晴らしい方で、2007年の不定期日記でも紹介したことがあります。

http://sugiyama-dental.sblo.jp/article/3138972.html

 「でもね、先生、私辛いと思ったこと一度もないんですよ。病院に入院させるか、自宅で介護するかの選択の時に、迷わず家で過ごすことを決めましたしね…

 でも切ないです…こんなに切ないとは…」

 僕は奥さまにはお会いしたことがないのですが、Oさんに見守られて天国に行かれた奥さまは、幸せだったのではないでしょうか?

 

 昨夜10月7日、Kスタで楽天の今季最終戦が行われましたね。ソフトバンク・ホークスの王監督が勇退ということで、雨の中たくさんのファンが集まったようです。報道は「世界の王」と同時に「素晴らしい人格者」であるとも伝えていました。

 王監督はユニフォームを脱ぐことになりましたが、裏方の方にもとても気を配っていたそうです。だからこそ、たくさんの方に惜しまれているのですね…

 Oさんの奥さまも、さぞや温かい方だったのでしょうし、その温かさに答え続けたOさんも本当に素晴らしい方です。

 たくさんの“愛”で世界が満ちあふれればいいですね♪
 
手をつなぐ.bmp

この輪が世界中につながれば最高です! 
posted by 副院長 at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | '08不定期日記

2008年08月28日

瀬戸がシティリビングに載りました!

EVeB[rO.bmp

夏も終わりかというほど涼しい日が続きますね…

 さて、当医院のチーフ衛生士・瀬戸がシティリビング仙台8月29日号にドクモとして載りました〜(^^)

 クチコミネットメンバーの一人して、時々取材をされたり、メンバーで集まったり楽しそうです♪
posted by 副院長 at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | '08不定期日記

2008年06月03日

ちょっといい話・その1

 6月になりましたが、いま一つ天気がぱっとしませね…でも今日は患者さんから聞いたお話を紹介します。

 今日定期検診で来院されたMさんは70歳を超えていますが、とても元気で若々しい女性です。それもそのはず、現役バリ×2の幼稚園の園長先生なんです。インプラントが2本入っていますが、それ以外は自分の歯で何でもおいしく食べている患者さんです。

 クリーニングが終わり、ちょっと世間話をしていたら、次のような話をしてくださいました。 
 
Mさん:現在その幼稚園には畑があり、そこにいろいろな野菜を園児たちと一緒に植えて育てているんです。もちろん農薬など一切使わずにね。だから虫も付きますけど…。でも園児たちはちょっと水で洗ってそのままおいしそうに食べるんですよ〜。

杉山:いや〜それはすばらしいですね〜。園児たちは幸せですね!

Mさん:そんなことないですよ〜普通のことですから…でもね、おかげで野菜嫌いの子がいなんです。

杉山:なるほどね。こういったことはもっと多くの人に広めたほうがいいですよね!

Mさん:ただね、途中から転入してきた園児は難しいんですね…

杉山:やっぱり自分で種を蒔いて自分で育てて食べる、これがいいんでしょうね

Mさん:そうなんです

 今スーパーなどで売られている野菜は見た目はきれいだけど、ミネラルやビタミンがかなり不足していると聞きます。現在の日本の食糧事情ではやむを得ないところもあると思います。でもシーズンになると我が家では山形から週に1回来る行商のNさんの野菜を買って食べています。また、上杉のおいしいイタリアン・KURIHARAのマスターの紹介で、秋保の農家のSさんからも野菜を買っていますが、本当においしいです。特に僕が好きなのはつるむらさきです。しょうゆなど使わずにそのまま食べられるほど美味しいですよ〜

turu_1.jpg

 皆さんもおいしい、そして栄養のある野菜をたくさん食べてますます健康になりましょうね〜

posted by 副院長 at 21:15| Comment(4) | TrackBack(0) | '08不定期日記

2008年02月25日

細菌検査

 2月24日横浜でご開業の吉野敏明先生をお招きし、宮城県歯科医師会館で「細菌検査を用いた歯周治療のコンセプト」というタイトルのご講演をいただきました。吉野先生は40歳になったばかりと若いのですが、この分野では日本の第1人者であり、日本だけではなく、海外でもご講演をされているスーパーデンティストです。

 虫歯も歯周病も感染症であることは間違いないのですが、ともに食生活を中心とした生活習慣病であるとも言われています。だから、我々は歯ブラシ指導をするだけでは駄目で、普段の生活にまで介入する必要があると思っています。しかし、これは我々医療サイドの感覚に委ねられている部分が多く、客観性のあるデーターの収集が難しいのも事実です。血液検査のように具体的であり、誰が行っても狂いが少ないことが重要です。

 確かに虫歯に関しては、当初より細菌検査が存在し、当医院でも行ってきました。しかし歯周病菌は嫌気性菌であり、その培養が難しいとされてきました。メーカーの努力で可能になってきたのですが、虫歯菌の検査よりもコストがかかったり、感度が悪かったりといった問題があるのも事実です。

 しかし吉野先生は細菌検査によって、どうしても治らなかった若い患者さんの歯周病の原因を突き止め、スーパーテクニックでその患者さんの歯周病を治療した症例を提示してくれました。会場にいた100名以上の歯科医師は唖然としていました。誰が見ても抜歯になってしまうであろう上の前歯数本が生き返ったような状態になったのですから…

 吉野先生は世界をリードする知識と、卓越した技術ばかりでなく、医療人としての倫理観も超一流でした。僕よりも若い先生ですが、心から尊敬できる歯科医師です(^^)v

 吉野先生とは日本臨床歯周病学会で知り合ったのですが、当初から優秀な先生であることは知っていました。当医院で診ていたOさんがご主人の転勤に伴い大阪、横浜と引越しをされたので、横浜では吉野先生をご紹介したのです。そのOさんは今でも連絡を下さるのですが、毎回のように吉野先生を紹介してくれてありがとうと言ってくださいます。というのも私が紹介した大阪の歯科医院では「この歯は抜歯してインプラントにしないと大変なことになる」という診断をされたからなのです。当医院では患者さんであるOさんと当時勤めていた衛生士の佐藤が頑張ってくれたおかげで、厳しい状況を乗り切ってきただけに、その診断にOさんはがっかりされました。そのことで大阪から電話で長時間お話をしたこともありました。その後横浜に行かれることになったので、吉野先生を紹介することになったのですが、吉野先生はOさんの意思を理解し、現在もその厳しい歯を守ってくれています。もちろんそれにはOさんのたゆまぬ努力があるのですが、吉野歯科診療所と患者さんの厚い、いや熱い信頼関係があるからこそ、その歯の健康が保たれているのです。

 今回吉野先生が仙台にいらっしゃる際、Oさんのデーターを持ってきてくださいました。いかにOさんが良い状態を保っているかを具体的に教えてくださったのです。Oさんにも吉野先生にも感謝、感謝の気持ちでいっぱいです。そして吉野先生や吉野歯科診療所のスタッフのように、たくさんの患者さんと熱い信頼関係を結び、患者さんの健康に寄与できれば最高ですね!このような素晴らしい歯科医療界に導いてくれた両親と、陰ながら支えてくれている家内と子供達にも感謝です(^^)
 
http://homepage3.nifty.com/yoshino-dc/index.htm

吉野歯科診療所のHPです
posted by 副院長 at 08:30| Comment(3) | TrackBack(0) | '08不定期日記

2008年02月06日

ミーハーですよね…

 2月2日仙台国際ホテルで仙台歯科医師会の初春懇親会が行われました。梅原仙台市長をはじめ、政界の先生方、東北大学の教授、関連業者の方々などをお招きし、総勢260名以上の参加者で盛会裏に終えることができました。

 この初春懇親会では毎年ゲストをお呼びして、アトラクションを行うのですが、今年は松田聖子さんをお招きし、歌を披露していただきました!!

まねだ聖子.jpg

なんてね…
松田聖子さんのそっくりさんの”まねだ聖子”さんでした…

各テーブルを回ってくれて、とてもサービス精神旺盛な方でしたので、参加した方は拍手喝さい&ケータイでの写メの嵐でした(^^)

posted by 副院長 at 14:22| Comment(4) | TrackBack(0) | '08不定期日記

2008年02月01日

ハンドボールって面白いですよね!

 1月29、30日の両日、ハンドボールの北京五輪アジア予選再試合が行われ、男女とも韓国が日本を下し、北京オリンピックへの切符を手にしました。特に男子は最大6点差まで離れた劣勢を2点差まで追い上げ、スリリングな試合展開でしたね〜

 最近はTBSの番組「スポーツマンNo.1決定戦」やフジテレビの「ジャンクスポーツ」でお馴染みの、全日本のエース宮崎大輔選手の活躍で、マイナースポーツからの脱皮を図っているハンドボールですが、今回のようにスポーツ紙の一面を飾るなど、ハンドボール界ではあり得ない出来事なんです…。

 僕は高校、大学、社会人の14年間、ハンドボールをやってきたのですが、自分にはとても合うスポーツだと思っています。今回「中東の笛」という言葉が盛んに出てきましたが、バスケットボールと比べると、ハンドボールのルールはかなりアバウトなんです。そんなところが自分にとても合っている感じがしています。

 男子の日韓戦は最初から最後までリアルタイムで見ましたが、本当にレベルの高い試合でした。ハンドボールがTVで試合全てを見ることができるのは、年末に行われる日本ハンドボールリーグの決勝戦だけなんです…だから、今回のアジア予選で初めて試合を見たという人がかなり多かったのではないかと思います。昨年末の日本リーグの決勝戦は末松誠選手、そして僕が最も好きな白選手率いる大同特殊鋼が、宮崎選手が所属している大崎電気に圧勝しました。白選手は韓国のキャプテンを務めていますが、今回の日韓戦でもっとも日本を苦しめたプレーヤーです。宮崎選手と同様上背はないのですが、スピードがあり非常に頭脳的なプレーをするスーパープレーヤーです。ハンドボール経験者の僕が見ていても、「このタイミングであのシュート?そしてあのコース?上手すぎる〜」って感じです。サッカーでいうと、ちょうどロナウジーニョ選手のような感じです。日本が負けたのは残念ですが、その白選手の華麗なプレーを見ただけでも楽しい時間を過ごせました。また、宮崎選手の高校の同級生、末松選手も昨年末の日本リーグの決勝戦ではナイスシュートを連発し、チームを優勝に導きました。最後に宮崎選手ですが、僕が思うに50年に一人というほどの天才プレーヤーだと思いますね〜あのジャンプ力、そしてフェイントの切れは規格外の器です。

ハンド宮崎.bmp

宮崎選手の勇姿

080202ハンド・杉山豊.jpg

(宮崎選手に比べるとジャンプ力は5分の1くらいと思われる、大学時代の私です…)

 オリンピック出場の決まった韓国には、是非頑張ってもらいたいです。また、これからもハンドボールが盛り上がると良いですね♪
 
posted by 副院長 at 08:35| Comment(3) | TrackBack(0) | '08不定期日記