2011年05月15日

Vol.107「東日本大震災・その1]

3カ月ぶりのニュースレターになってしまいました…。3月11日の大震災以来、多くのことがあり、ニュースレターを書く余裕がありませんでした。みなさんにとっても大変な震災であったことでしょう。心からお見舞い申し上げます。

 3月11日の大地震のあったとき、私自身はスタッフの佐藤とともに親知らずの抜歯を行う寸前でした。幸いメスを持つ直前の地震でしたので、患者さんを傷つけることはなかったのですが、本当に大きく、そして長い地震でしたね…。地震直後から停電となり、患者さんにもそのままお帰りいただきました。診療室はモノが散乱しましたが、スタッフルームの食器棚が倒れたくらいで、さほどの問題は起きませんでした。スタッフも後片付けの後、4時には帰宅してもらいました。自宅は父の大きなスピーカーが倒れたり、娘のタンスが倒れたりと、上の階に行くに従い揺れが大きかったことを物語っていました。

 1978年の宮城県沖地震の時、私は中学校3年生でしたが、その夜も停電となりろうそくの火をともしながら家族で夕食を食べたことを覚えていたので、今回の震災後の停電も1日くらいで復帰するだろうくらいに考えていました。情報はラジオからだけでしたが、若林区で200~300人の遺体が発見されたとのニュースを聞き、今回の地震の余波がすさまじいことを知りました。雪も降った11日でしたが、本当に寒い日でした。暖房はすべてエアコンなので、布団にくるまって夜を明かしたことを覚えております。

 翌日の12日、停電が続いていましたので診療は休診、食料の買い出しに行きましたが、営業しているお店は少なく、空いているお店には長蛇の列ができていました。夕方関西の友人2名から安否確認の電話があり、沿岸部は大変なことになっていることを再確認させられました。この日も暖を取れず夜8時には布団にもぐりこみましたが、幸い夜10時に電気と水道が復旧しました。すぐざまTVを見て津波に街が飲みこまれる映像を見て愕然としました…ラジオで聞いていたとはいえ、信じられない光景が広がっていました。1日ケータイの充電ができずにいたので、充電をしながら沿岸部に住んでいる友人に電話メールをしましたが、もちろんつながることはなく、不安が高まる一方でした。
posted by 副院長 at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | '11ニュースレター

2011年02月19日

Vol.106「感動のサービス」

 今日の仙台はさわやかな晴れ太陽です。

 さて、当医院では毎日数10枚の写真を撮影します。
これはレントゲンを撮るのと同様、患者さんのお口の中を撮影し、診断に利用しています。また、記録として残すことで治療の経過を追うこともできますので、診療には欠かせないアイテムです。

 現在、口の中を撮影するカメラ(院長用とスタッフ用各1台)、お顔を写すカメラの計3台を使用しています。特にメインで使っているNikonD80はとても使いやすいのですが、歯科で使用するスペックにそろえてくれる会社ソニックテクノさんから購入いたしました。

CIMG9103.JPG

http://www.sonictechno.co.jp/index.html


 昨日その大事なカメラを手を滑らせて落としてしまったのです…見た目上は問題がなく、そのまま使えるかと思ったのですが、マクロレンズの倍率を合わせる部分が動かなくなってしまったのです…それに気づいたのが昨日(金曜日)の午後5時半。私にとってカメラ撮影ができないことは致命的な問題です。

 そこで、すぐにソニックテクノさんにお電話したのですが、代品を貸し出してくれるとのことでした。金曜日の5時過ぎでしたので、電話に出ていただけただけでうれしかったのですが、その代品が本日土曜日の朝一番に届いていたのです!通常の会社は土曜日が休みでしょうから、最悪代品を送るのが月曜日、到着が火曜日という事態を想定していました。また、持っているカメラの代品となるレンズが他の方へ貸し出しされていて、お借りできない場合もあったと思います。

 私のほうから「絶対に明日まで送ってください」とお願いしたわけではないのに、この素早い対応は感動でした。時々カメラのことを電話でお聞きする際にも、とてもよい対応をしてくれます。前日あるディーラーさんからは真逆の対応をされ、憤りを感じていましたので、今回のソニックテクノさんには感謝×2です(^^)

 ある患者さんから中村文昭さんという方の講演会を紹介されて、その講演を聞きに行ったことがあるのですが、中村さんのためになる話しの中の一つに「相手の予想を上回る感動を与える」というセリフがあります。まさに今回のソニックテクノさんの行為に感動しました。わたしもこのような感動を与えられるよう頑張りたいと思います(^^)
posted by 副院長 at 14:15| Comment(3) | TrackBack(0) | '11ニュースレター

2011年02月09日

Vol.105「かみ合わせを考えた矯正治療」

しばらく振りのニュースレターです。
まだまだ寒い日が続きますね…

 さて、最近はホームページの影響か、かみ合わせのことを気にされて来院される方が増えています(エントラストさんありがとうございます)
その中でも、一度矯正治療を受けたことがある方が少なくありません。
特に第1小臼歯(前から数えて4番目の歯ですね)を抜歯して矯正治療を終了された方に多いように思われます。それではなぜ歯を抜歯して行う矯正治療に問題が出る場合があるのでしょう?

 歯科医師が抜歯を選択するには理由があります。その多くは顎の大きさと歯の大きさのバランスが悪い場合、いわゆる[八重歯]などがそれに該当します。八重歯の場合、そのすぐ後ろに生えている第1小臼歯を抜歯して、そのスペースを使って歯を並べていきます。

 ところが、抜歯を行っての矯正治療にはいくつかの問題点が発生する可能性があります。
@全体のアーチが小さくなり、かみ合わせの高さも低くなり、口の中の容積が狭くなること、
A下あごが後ろに下げられることにより、顎関節症を引き起こす可能性があること、
などが挙げられます。


抜歯を伴う矯正治療を行っても、問題のない方も多くいらっしゃいます。術者側にかみ合わせを第1に考えるコンセプトがあれば、問題は起きにくいと思います。その意味で、神奈川歯科大学矯正学講座教授・佐藤貞夫先生の理論が最も完成されているように思います。
 
 現在はVol.84 http://sugiyama-dental.sblo.jp/article/24761062.html
でご紹介した吉見先生に指導を受けながら、さらにこの理論を実践に生かしています。以前私自身が抜歯を伴う矯正治療を行った患者さんの中で、唯一問題があると思われた患者さんに対しても再治療をさせていただき、昨年の秋には理想的なかみ合わせを獲得できました。


 3月に横浜で行われるiaaid http://www.iaaid-asia.jp/という学会では、20年ほど前に他院で抜歯後矯正治療を受けた患者さんが顎関節症で来院し、当医院でこの理論によって再矯正治療を行い、良好に経過している症例を提示してくることになりました。単に見た目を治す、歯並びを治すために治療をするということではなく、かみ合わせを一番に考えて治療方針を立てて、その結果、見た目も綺麗になるというのが最も理想的ではないでしょうか?
posted by 副院長 at 08:06| Comment(2) | TrackBack(0) | '10ニュースレター

2010年12月22日

Vol.104「怒らない技術」

2010年も残すところ10日余りとなりました。
皆さんにとって良い年でしたでしょうか?

今までにこのブログでいろいろな本を紹介してきたと思います。
同じような内容の本が多いのですが、今回の本は、今書店の店頭で山積みの本です。
フォレスト出版の「怒らない技術」です。

怒らない技術.jpg
内容的には「もう不満はいわない」と似ているのですが、“怒らないこと”は人生そのものをうまくいかせるコツでもあると書かれています。僕自身大いに納得できることです。

また、“怒ること”は大体が他人が起こした行動によって引き起こされることだと思いますが、それも受け取る側によって全く違う感情を生み出します。
すなわち“私が頭にくることを相手がした”のではなく、相手の行動に“自分が頭にきて怒った”と言うことです。
もちろん何の責任も無い状態で、身内が交通事故にあったとしたら、加害者に怒りの感情が生まれるのもしかるべきだと思います。
しかし、前後を通して見ると、怒ってばかりいるときほど、さらに怒りたくなる事象が起こるような気がします。

そう考えると、怒ることの意味合いは本当に少なくなりますよね。
その分、常に笑うように心がけていれば、おのずと微笑みたくなる事象が次から次へと降ってくる…そんな気がします。


哲学者のピタゴラスは「怒りは無謀をもって始まり後悔をもって終わる」と言っていたそうです。深い言葉ですね…

また、著者の島津さんは、もともと長短気な性格だったそうですが、今では「怒りやイライラに時間を費やすのは人生の無駄である」と言っています。

でも、頭ではわかっていても、なかなか実行できないのが人間です。
だからこそ口に出して「私は怒らない」と言ったり、こうやってブログに気持ちを載せて、自分の心に刻印しているのでした(笑)


何があっても笑顔を絶やさないことは難しいことです…でも、楽しいから笑うのではなく、笑っていたら楽しいことばかり起こると思って、「笑顔」を実践したいと思います。
平成23年が皆様にとって素晴らしい年になりますように(^^)
posted by 副院長 at 17:45| Comment(2) | TrackBack(0) | '10ニュースレター

2010年10月14日

Vol.103「2010年日顎東北支部会

 10月になり秋らしくなってきましたね。


 さて、去る10月2日、3日に仙台で日本顎咬合学会東北支部会が開催され、2日土曜日の歯科衛生士部門において、瀬戸、工藤とわたしで特別講演を行いました。瀬戸は「重度歯周疾患患者さんへのアプローチ」、工藤は「歯科衛生士からの情報発信〜その具体例〜」私が「わたしにも みえた!わかった! 歯科疾患」のタイトルでそれぞれお話しをしました。

DSC00043.JPG
(講演前のひと時)



 当日は100名を超す参加者が集まってくださったので3人とも緊張しましたが、皆さんにお話しすべきことはきちんとお伝えできたように思います。

 当医院では月に1回院内勉強会を行っており、その一コマをご紹介した感じなので、私は2人の衛生士の発表がうまくいく確信がありました。ですが、いつもは気心の知れたスタッフが聞いているだけですが、今回はほとんどが知らないメンバー、その上歯科医師も数名参加しており、彼女たちもそれなりのプレッシャーがあったようです。

 僕の発表が少々時間オーバーしましたが、瀬戸も工藤も堂々とした話しぶりで、終わった後の評価も高く、ホッと胸をなでおろしています。

IMG_1996.JPG

IMG_2002.JPG

 4時間20分の講演時間はあっという間に終わり、そのまま懇親会へと移動しましたが、終わった安ど感と冷めやらぬ緊張が入り混じったままのお酒でしたが、毎年北海道から駆けつけてくれる、札幌でご開業の中村順三先生にねぎらいの声をかけてもらい、お酒を酌み交わし、とても晴れやかな気持ちになりました。中村先生は今週の月曜日にはFAXを送ってくださりと、本当に優しい声を傾けてくださいます。2人の衛生士ともどもしっかりと返信させていただきました。

 学会はその準備が本当に大変で、実行委員長の守先生をはじめ、スタッフ一同一丸となって当日を迎えました。実行委員の皆さん、発表者の皆さん、ご参加いただいた皆さん、展示事業者の皆さん、本当にお世話になりました。そしてお疲れさまでした。この良い雰囲気で歯科界が盛り上がれば良いと思っています。
posted by 副院長 at 17:28| Comment(2) | TrackBack(0) | '10ニュースレター

2010年09月06日

Vol.102「宝田恭子先生をお招きして」

 暑い日が続きますね…しばらく振りのニュースレターです。

 さて、昨日はTVでも有名な宝田恭子先生を仙台にお招きして、宮城県歯科医学大会でご講演いただきました。会場は若い女性を中心に、多くの方にお集まりいただき、主催者側としてはホッと胸をなでおろしています。

 宝田先生は東京歯科医院を開業されていますが、とても54歳には見えないほど若々しい魅力的な女性です。その秘訣はやはり「スマイル」です。皆さんもご存じの通り宝田先生はスマイルのエクササイズを実践し、それを普及させています。講演内容はそれを歯科関係者に話してほしいというオーダーでお願いしたわけです。

 もちろん、講演ではそのエクササイズの詳細をご説明いただきましたが、私自身は宝田先生の生きざまにメッチャ感動いたしました。同居されているお義母様が顔面麻痺となり、二人三脚で治してきたこと、自身がある化学物質で大変なアレルギー反応を起こしたので、その治療に中国まで通われたこと、クモ膜下出血で半身麻痺になった患者さんの、壮絶な闘病生活ののちほぼ完治したまでのストーリー、週に4時間の喫茶店でのお仕事のエピソードなどなど…思わず話しに引き込まれました。特にお義母様のお話は普通なら愚痴ってしまい、不仲になっても仕方のない状態で、決してあきらめずに治療を支えてきたことなど、そのバイタリティーを目の当たりにして、背筋がピンとなるほどの衝撃を受けました。 

 Vol.98でご紹介した大阪の南先生ご推薦の「折れない心」を思い出し、やる気満々にさせてもらえました。

http://sugiyama-dental.sblo.jp/article/36503155.html

 各論としては「筋肉」に働きかけることが大切だと言うことで、とても納得のできる内容でした。老化とは「筋肉が衰えること」とも言われています。ですから、その筋肉を鍛え直すことで、顔の若さはもちろんのこと、老化のスピードを鈍らせること、病気に打ち勝つことも可能になると言うことです。

 また、歯科という狭い範囲にとらわれず、幅広い人間関係の中で、砂漠が水を吸収するがごとくに知識を広げている様を見せていただき、目の前が広がったように思えます。宝田先生、ありがとうございました。


20100905094503.jpg

宝田先生のフルスマイルに比べ、私のスマイルは歯を見せることもできていません…1年後には最高のスマイルができるようエクササイズに励みます(^^)
posted by 副院長 at 07:53| Comment(7) | TrackBack(0) | '10ニュースレター

2010年08月02日

グルメレポート Vol.11「かま吉part2」

久々のグルメレポートです。

今回は以前にもご紹介した「かま吉」の第2弾です。

http://sugiyama-dental.sblo.jp/article/28052579.html

かま吉といってもお店ではなく、友人のご自宅です。
主人のK君は小、中学校の同級生で非常に優秀な友人です。
現在の奥様との縁に関わったので、その恩をとそれはA手厚いもてなしをしてくれるのです。
どこかへ行けばお土産を送ってくれたり、美味しいワインを送ってくれたり、それは半端ない回数なんです!

今回も是非ご馳走したいから東京に来てくれと言うことで、喜んで伺いました。

まず最初に目に入ったのは、木箱に入ったお刺身です。

CIMG0529.JPG

箱の下には保冷剤が入っていて、ネタの新鮮さを楽しみつつ、そのお刺身をさばいてくれるんですよ〜
普通素人の人が持っていないような木箱ですよね?もしかしたら今回のためにわざわざ用意してくれたのかもしれません。


ふとテーブルの反対側に目をやると、本日のメニューをこのように用意してくれていました。

CIMG0530.JPG

店主は字が上手いのですが、それにしてもおもてなしをするのにここまでしてくれるのです。


そしていよいよお刺身の盛り合わせが出てきました。

CIMG0531.JPG

店主自らさばいてくれます

CIMG0538.JPG

そうそう、写真を見てわかるように、ワサビも練りワサビではなく(おそらく長野)から生のワサビを用意してくれていました。

そして握りの登場です!

CIMG0540.JPG

とても素人とは思えない握りぶりですよね〜

仕上げの握りです。

CIMG0546.JPG

この間、ワインを違う種類で4本も用意してくれていました。
本当に感謝Aです。


普通は、人をおもてなしをするときに、このくらいだったら喜んでもらえるだろうという設定をすると思うのですが、K君は相手の予想をはるかに超える、感動以上のおもてなしをしてくれます。
これはものすごいことですよね〜

ある患者さんに中村文昭さんという方のお話しを伺って、とても感動した覚えがありますが、K君はまさにそれを実践しています。

http://www.kurofunet.com/fn/

今回K君夫妻には本当にお世話になりました。
同時にK君のようにもっとA人を喜ばせるために何ができるかを考えていきたいと強く思いました。

ありがとうございます。
posted by 副院長 at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメレポート

2010年07月14日

Vol.101 「もう不満は言わない[実践編]」

2008年10月に「もう、不満は言わない」をブログで紹介しました。

http://sugiyama-dental.sblo.jp/pages/user/search/?keyword=%82%E0%82%A4%95s%96%9E

その後紫のブレスレットを1年以上着けていたでしょうか?使いすぎて切れてしまったのですが、その後すっかり「不満を言わないこと」を忘れていた気がします…。

 めったに弱音を吐かない自分ですが、特に今年の6月は不満を多く漏らしていたように思います。すべての行事が重なり、全くと言っていいほど自分の時間を作ることができませんでした。その影響か、7月になっても運気が下がったままのような感じでした↓↓↓
そんな時、先日書店で「もう、不満は言わない[実践編]」を目にしたので、すぐに購入しました。

もう不満は言わない実践編.jpg


興味深い文章があったので、いくつかを抜粋してご紹介いたします。

心の中に憎しみを抱いている人は、そのネガティブなエネルギーが自分に戻ってくる

人を憎むということは、ネズミ一匹を退治するために、家を焼き払うようなものだ
(ハリー・エマソン・フォスディック)

悲観主義者は、風向きに不満を言う
楽観主義者は、そのうち風向きが変わると期待する
現実主義者は、帆の向きを調整する
(ウィリアム・アーサー・ワード)

不完全な者だけが不完全なものに不満を言う
人は完全に近づくにつれて他人の欠点に寛容になり何も言わなくなる
(フランソワ・フェヌロン)


11日の日曜日にこの本を買ったのですが、本当に数か月ぶりの何の予定もない日曜日のことでした。実はこの日私の誕生日でもありました。良い方向へ生まれ変わるつもりで、また紫のブレスレットをはめ始めました。昨日は2回もはめ換えることになってしまいました…。楽しみながら「不満を言わない」ようにしたいと思っています(^^)
posted by 副院長 at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | '10ニュースレター

2010年05月27日

Vol.100「学校健診にて」

 やっと温かくなってきましたね。新緑の季節全開と言ったところでしょうか? 

 一昨年よりある中学校の校医として、当医院の衛生士・工藤とともに歯科検診に行っています。街中の中学校ということもあり、虫歯は非常に少なく、治療も予防処置が施されている生徒が多く、地域として虫歯に関する意識の高さをとても感じる検診でした。ただ、スポーツドリンクの多飲による虫歯、部活や塾に行くようになり、食べる回数が増えることによって、ごく最近できたであろう虫歯がある生徒さんがいたので、その時には直接、スポーツドリンクを水などに変更するよう指導しました。

 一方、ある生徒さんですが、非常に歯ぐきが腫れていて、とても違和感を覚えたので、直接その生徒さんに次のような質問をしました。「柔らかいものばかり食べていない?」 そうしたら、返ってきた返事は「別に」(沢○エリカ風)でした。僕の勘違いかなと思っていたところ、検診が次の番だった同じクラスの生徒が「おまえいつも給食残してるじゃん」と突っ込んでくれたのです。また、同行していた工藤も、休憩時間に「あの生徒さんは去年も口が腫れていて、先生がそのことを言っていました」と指摘してくれました。そこで、検診が終わった後先生にそのことを報告すると、その生徒さんは食べ物にこだわりがあり、その食生活はとてもバランスの悪い状態であることを教えてくれました。

 この中学校ではそういった個々の情報を校長先生もある程度把握しており、学校全体として、生徒さんの健康や家庭の事も含めて、親身になって面倒を見てくれているのだと感激しました(実は私の娘もこの中学校を卒業しました)。

 私は歯科医師の立場から、その年代にふさわしい理想的な状態から外れている方を見ると、どうしてそうなったかまで予測をしてしまうのですが、学校健診と言う限られた時間の中でも、親身になって見守ってくれている先生方のいる学校であれば、今回のようにつじつまが合う理由がみつかり、これからの解決策を考えるに至ると思います。家庭はもちろんのこと、学校でも職場でも、お互いを気遣う良い環境に自分を置き、同時に周りを温かい目で見てあげたいですね。
posted by 副院長 at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | '10ニュースレター

2010年05月13日

Vol.99「出会いと別れPart3」

 GWも終わりましたが、皆さんいかがお過ごしでしたか?私自身はいろいろと用事が重なり、仙台から一歩も出ないでしまいました…

 さて、4月28日をもって、7年間勤めてきた大友が退職しました。大友は涌谷町出身で、独特の言い回しが特徴ですが、いつも明るく、患者さんにもたくさん話しかけてくれていました。その明るいキャラは、医院でも外でもみんなを引き付け、彼女の周りにはいつも笑いが絶えませんでした。ボジョレーヌーボーの時期には新聞に、TVにとその活動範囲も広いこと広いこと… 

 また、仕事ぶりはとてもまじめで、どんな時も手を抜かずに働いてくれていました。On とOffのスイッチはきちんとしていて、とても頼りがいがありました。

 4月28日には送別会を開いて、7年間の苦労をねぎらいました。一昨年の佐々木のときと同様に、瀬戸が手作りのサイン帳を作って大友に渡したのですが、皆さんにお見せしたいくらいの大作でしたよ〜 仕事が終わってからの会だったので、いつもよりスタートが遅かったのですが、次の日が休みということもあり、遅くまで話しに花を咲かせていました。

DSCF42471.JPG

 大友は7月に結婚を控えていますが、今後は彼氏とともに宇都宮で新生活を始めるようです。退職直前に矯正治療も終了し、最高の笑顔で挙式を迎えることができそうです。

春は出会いと別れの季節ですが、皆さんの出会いと別れはいかがでしたでしょうか?進級・進学・就職など、大きく環境が変わられた方も少なくないと思います。当医院でも、大友に代わって4月から勤務している佐藤も日々頑張っています。新しく出会った人と、楽しい毎日が暮らせるといいですね。
posted by 副院長 at 20:38| Comment(6) | TrackBack(0) | '10ニュースレター

2010年03月18日

Vol.98「南清和先生を招いて」

 先週はこの冬一番の大雪でしたね…今週は風も強くなり、春が花粉も連れてきているようです。 

 3月13,14日は大阪の南清和先生をお招きして、幅広いお話をいただきました。南先生は日本顎咬合学会の重鎮で、若い時から高い臨床レベルを示してくださっていました。治療が素晴らしいだけではなく、どんな人に対しても同じ目線で温かく接してくれるので、どこへ行っても南先生は人気者です。

http://www.minami-dental.com/

 特に14日は仙台の勉強会「月一会」と「仙台歯科医師会の学術委員会」との勉強会にも出席してくださり、多くの学びを与えてくれました。

CIMG0249.JPG

話しの内容は経営から自己啓発まで多岐にわたりましたが、多くの経験談を織り交ぜての話だったので、参加者は皆引き込まれるように聞きいっていました。私自身も自己啓発ものの本を読むのが好きなので、うなずきながら聞けた部分もありましたが、南先生の人を引き付ける話術は人としての懐の深さが表れているのだと思います。その中でも心に残ったお話を2,3紹介します。

 「成功の反対」とは何でしょう?「失敗」は成功への気づきであり「成功」の反対ではないのです。「成功」の反対は「無行動」だそうです。何もせずにいるのではなく、「成功」を求めて行動しましょうということですね。

 もうひとつ「幸せを得る人」とは「他人を喜ばせたい人」、「幸せを得ることができない人」は「自分を喜ばせたい人」だそうです。南先生は常に「他人を喜ばせている」人です。だから「幸せ」なんですね〜

 講演の最後に菱田先生という熱血先生の「折れない心」というDVDを見せていただきました。講演内容とは直接関係なかったのですが、ジーンとくる内容でした。プロの格闘家でもある菱田先生が、教え子でもある一人の生徒に自分の生きざまを見せようと、自分より若くて強い相手にキックボクシングで試合を挑んだのですが、サンドバックのように打たれまくり、KO寸前のところで、逆転の右フック!そのままKO勝ちをしたのです。教え子はその姿に感動し、更生して社会に巣立っていったというお話でした。決してあきらめず、前を向いて頑張ろうって思えましたね〜。南先生、ありがとうございますm(_ _)m

CIMG0267.JPG
posted by 副院長 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | '10ニュースレター

2010年02月14日

Vol.97「学会を通じて」

 今日はバレンタインデー!男性の皆さんはたくさんのチョコを貰ったのでしょうか?チョコの食べすぎで虫歯を作らないように気をつけてくださいね〜(笑)

 さて、昨年の11月に日本顎咬合学会東北支部会が開催され、北海道の支部長でもある中村順三先生も駆けつけてくれました。初日の夜には懇親会が行われ、60名ほどの参加者があり、臨床の話し、プライベートな話しにと花を咲かせていました。

 つい先日その中村先生がスタッフ全員分写真を焼き増ししてくれて送ってくれたのです。それでスタッフ全員それぞれお礼状を書いて郵送したところ、またまたレスのはがきを送ってくれたのです。そして、今その葉書を机の上において大切にしてくれているとのことでした。

中村先生.jpg

(2009.11/28 アントレッフェンにて)

 1月30,13日は以前にもご紹介した横浜の吉野先生をお招きして、歯周病の細菌検査を中心にご講演いただきました。

(過去のブログ)
http://sugiyama-dental.sblo.jp/article/11411634.html

吉野先生は臨床家としても素晴らしい歯科医師ですが、自院の患者さんの治療はもちろんのこと、歯科界全体を良くしようと、八面六臂の大活躍をされています。本当に頭が下がる思いであります。

CIMG0210.JPG

(2010.1/30 波奈にて)

 世界的な大不況の中、歯科界も冬の時代と言われ、歯科医師同士で集まっても暗い話題ばかりが先行します。幸い私たちの周りは前向きで、歯科に情熱を持って取り組んでいる人が多いので、自然と中村先生や吉野先生のような素敵な歯科医師と出会えるのではないかと思っています。

 昨日のバレンタインデーにはいつも素敵なKさん(患者さん)がスタッフにもチョコを持ってきてくれました。ありがたいことです(^^) 瀬戸も大友も工藤も菅原も、それぞれに患者さんと正面から向き合って、仕事をしてくれています。大先輩である父は、今年の10月で79歳になりますが、治療を通じて“癒し”を提供しています。患者さんとの会話は、時に人生相談に発展することもあり、患者さんが涙しながら感謝していることもしばしばです。

 歯科の世界は単に口を通した健康をお手伝いするだけでなく、人と人とのつながりが持てる素敵な世界です。周りに素晴らしい人たちがたくさんいるので、僕自身もよい刺激をもらっています。そして、この素晴らしい環境をこれからの若い人たちにも伝えていけたらと思います。
posted by 副院長 at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | '10ニュースレター